エンターテインメント

不明視線、日本ディストピアタイトル「プラン75」海外販売

カンヌ映画祭 注目すべき視線で世界初演された早川千恵の日本ディストピアドラマ「プラン75」がアーバンセールスによって多くの地域で販売されています。

映画は近い将来日本を背景にしており、プラン75という政府プログラムは高齢化社会を改善するために高齢者を自発的に安楽死させるよう奨励しています。 この映画は、独立して生きることができない年齢の女性、実用的なプラン75セールスマン、若いフィリピンの介護者の物語を編みました。 「プラン75」には、バイショーチエコ(ハウルの動く城)や磯村隼人などが出演します。

Urban Salesは、イタリア(ターカーフィルム)、中国(Dddream)、ベネルクス(9月フィルム)、台湾(スカイデジ)、シンガポール(ライトハウスフィルム配給)に有望なデビュー長編映画契約を締結しました。

Happinetは6月中旬に「Plan 75」の日本発売を処理する予定です。 Eurozoomは秋にフランスで配布される予定です。 「プラン75」はロードフィルム、アーバンファクトリー、ハピネットファントムスタジオ、東ユークラブ、後制、ワウが制作した。

早川は以前、学生の短編コンペティションであるカーン映画祭Cinefondationで短編「ナイアガラ」を披露しました。 注目すべき視線に出演することに加えて、「プラン75」はカーンでカメラドール賞を受賞するために競う長編デビュー作の一つです。

Urban Salesのリストには、エコフレンドリー映画「Hug Me – The Movie」とJosé Miguel Ribeiroの壮大な冒険「Nayola」、ギヨール焼きの「Amore Mio」、Hicham Ayouchの政治寓話「Abdelinho」が含まれています。 そしてFaouzi Bensaidiの「砂漠」とZoltán Horváthの政治的なアニメ映画「Red Jungle」、Juan José Lozano。

READ  日本のピクセルアートアドベンチャー東京ストーリーはとても素敵に見えます。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close