世界

不運:フランシスコ教皇、レコードショップでカメラに捕まった

ローマ — フランシスコ教皇は、教皇になる前のように、目立たないように町を歩き回ることができないと長い間嘆いてきました。 しかし、彼は今週、予告なしにローマレコードショップを訪れるカメラに撮影された後もユーモアのセンスを維持したようです。

フランシスコは、火曜日の夕方に教皇が訪れたときに、適切な時間に適切な場所にいたバチカン記者に手紙を書いた。 バチカンから出た パンテオンの近くに新しく改装されたステレオサウンドストアを祝福します。

Rome Reportsのキャリアの取締役であるJavier Martinez-Brocalは、フランシスコが店を出るシーンを撮影し、このビデオは口コミに乗ってバチカン新聞のL’Osservatore Romanoに記事化されました。

Martinez-Brocalは後に教皇にメモを書いた。 。

フランシスは、「すべての予防措置を取った後、タクシーラインで誰かを待っている記者がいたことは(不運)だったことを否定しないでしょう」と答えました。 しかし彼は「ユーモアの感覚を失うことはできない」と付け加えた。

フランシスコは自分のトレードマークである小さな字で教皇になって、最も懐かしかったのがブエノスアイレスでやったようにこれ以上歩けないことを繰り返した。 元枢機卿ホルヘ・マリオ・ベルゴグリオ(Jorge Mario Bergoglio)は、一般的に同僚の枢機卿が本堂を訪れるために乗る個人用車両を避けながら、アルゼンチンの首都周辺を公共交通機関に移動することで有名でした。 彼は2013年に教皇になりました。

FrancisはMartinez-Brocalがイベントを録画するときに記者として自分の仕事をしただけであることを認めました。 彼は「教皇を大変にしたが、聖所をよくしてくれてありがとう」と話した。

店主は、後でAPにフランシスコが以前バチカンで会いに来ると言った後、予告なく午後7時頃に到着したと話した。 「彼は店に入り、それは素晴らしい出会いでした。 そして約束どおりにお店を祝福しました。 店主のティジアナ・エスポジトが言った。

共同所有者のダニロ・ジェニオ(Danilo Genio)は、フランシスコが司祭、大司教、枢機卿の頃、ブエノスアイレスでバチカン会議のためにローマにいるたびによく聞こえた長い顧客だったと述べた。

「彼がバチカンに行くためにローマに来たとき、彼は先に贈り物を買いにここに来ました」と彼は言いました。

ラジオでオペラを聴きながら育ち、タンゴ、モーツァルト、ワーグナーを愛するフランシスは今回は何も買わなかった。 しかし、店主は彼にクラシック音楽CDを与えた。

–AP通信

READ  中国本土、初のオミクロン・コビッド事件報告

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close