経済

世代別株式再編の東京の約束は懐疑者を誘います

日本のTopix株式ベンチマークは月曜日に3年の最高値まで上昇しており、全面的な市場改革計画に、将来的に、より多くの注目を集めました。

東京証券取引所は、1年が少し以上1世代に一度の変化を経る予定です。 証券取引所を所有しているJapan Exchange Group Inc.は、市場部門の数を減らし、新しい上場基準を適用し、混乱重なる5つの部門をブルーチップ、新興企業および残りの部門の3つの部門に移行する予定です。

主な目的は、1990年代以降、ほぼ二倍に増加した2,000社以上の企業に、日本の上場企業の半分以上を含んでいるTopixを最高のパフォーマンスのよく管理されている企業の多くのスリムなベンチマーク改編することがあります。 しかし、いくつかは、変化が期待していた劇的な変化を持って来ないかもしれないという懸念を表明しています。

一つの理由は、日本の強力で産業が多くのビジネスロビーのKeidanrenが取引をする会社がお互いに株式を所有しているクロス株式のような日本の株式について、長い間、外国人投資家を懐疑的に作っ実践のための重大な変化に反対する可能性があるからです。 。 これCLSA Securities Japan Co.の戦略家であるNicholas Smithが先月「Opportunity Missed」というタイトルの報告書を作成した見解です。

スミスは「既得権がコーポレートガバナンスの遅れ、企業だけではなく小型株を排出することに焦点を合わせながら、プロセスを弱体化させるものと見られる」と述べた。 彼は提案されたTopix変更の関心を2014年JPX-Nikkei Index 400で示されて誇張された関心と比較しました。 これは、自己資本利益率を高める企業への投資を増やすために考案されたが人気を得ました。

改革は、企業のプライム、スタンダードと成長という3つの新たな市場部門のいずれか追い込みように設定しました。 Primeセグメントは、現在Topixが構成されている取引所の現在の最初のセクションと同じです。 プライム進入基準の中には「取引可能な株式時価総額」で少なくとも100億円(94.7百万ドル)以上があります。 これは大株主が保有する株式、自社株およびその他の自由に入手できない株式を除くやや不透明な用語です。

Smartkarmaに公開するQuiddity AdvisorsのアナリストであるTravis Lundyは「Topixは、以前と99%同じままになります。」と1月21日のメモに書いている。 変更は、「小さなものの巨大な計画にあります。 “

TSE First Sectionに入ることはFortune 500企業の登録されたもののような名前の値、日本でのキャッシュを提供します。 「First Section-listed」は、信頼でき、安定した会社の略です。

Lundyは少数の会社が自らを排除することが予想します。 「悪く見えるだろう」と彼は書いた。 「だから、彼らはボックスをチェックし、要件を満たしていることがあり、日本は良いことのために、自分自身を賞賛し、20年後に再び訪問しましょう。」

Lundyは多くのFirst Section株式が100億円の基準以下に落ちないのでTopixで500個程度の会社が除去されてもゲージはまだ1,500人以上の会員があると計算します。」の名前の数の約3〜5倍のすべての主要なグローバルブルーチップ指数にあります。」と彼は書いている。

市場構造調整は2022年4月1日付けで発効されますが、新しいTopixへの移行は、2025年初めまでに行われると予想されるより長いプロセスです。

いくつかは、検査で提案された変更点について希望的です。

取引可能な株式の新しい計算方法は、「戦略的株式保有が目標になるという重要なメッセージを配信します」とDaiwa Institute of Researchの研究員であるAtsushi Kamioが言いました。 「株式を保有している銀行と保険会社を保有している会社の場合、新しい上場要件を満たすために、短期的に株式の売却につながる可能性があります。 “

改革に向けた次のステップは、日本のコーポレート・ガバナンスのコードが修正されている春に来る。 金融庁の実務パネルは、同社が理事会の3分の1を社外取締役で構成するようにして、女性と非日本人任命の自発的な目標を持つように規定改正を議論しています。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  中国経済の「国内」

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close