スポーツ

世代差:すべてのToyota MR2順位

それほど ミディアムid-ship、 アール型耳ドライブ、 2– 人乗りMR2 それが名前を得た方法です 1980年代半ばに登場した時、トヨタのゲームチェンジャーでした。 それまでの自動車メーカーは、米国とカナダに純粋なスポーツカーを提供することを控えるました。 代わりNissan ZXとMitsubishi Starionのようなより集中ライバルとの戦いのために、より熱いバージョンのCelicaとSupraクーペに賭けをヘッジすることを好むしました。

MR2の根は楽しいが、まだ質素小型車両を作ることを目的としたプログラムの派生物で育ったので、燃費のしっかりと位置します。 しかし、中型エンジンの比率、後部座席不足と軽いプラットフォームを完全楽しみ以外の他のものと勘違いしていません。 MR2は考えている人のスポーツカーだったのかもしれませんが、熟練したパイロットが曲がりくねった2車線の道路で、より高価重い餌を捜す武器がされていない。

Toyota MR2のいずれの世代が最もよくしましたか? 私たちは、この自動車メーカーの中で最も目を引くのスポーツカーのすべてのバージョンにランク付けします。

1992トヨタMR2

1989-1999 Toyota MR2 W20

第2世代のToyota MR2は、国内市場での数年を過ごした後、1991年に北米で発売されました。 FD RX-7、Acura NSXと第4世代Toyota Supraなどの有名な製品を生産した経済急増で日本経済を掌握したバブル時代の直接製品でした。 自動車メーカーは、技術でお互いを凌駕するためにオールインしており、これは再設計されたMR2が示す新たな性格に確実に反映されました。

以前のモデルと同様に、この車両は、中型エンジンの設計を維持したが、サイズがパイントサイズの比率を超えて成長しました。 まだコンパクトしかし、以前よりも重かった(特定のモデルの場合、ほぼ180kgの追加)Toyotaは、車両を単に安価なスポーツカーではなく、高度なオプションとして販売することを決めました。 これは、元のモデルの固体80年代の角度をFerrari 355のようなイタリア料理を呼び起こす風が吹く曲線で交換したクーペのエキゾチックな容貌に反映された。

それでも原動力が変更されたMR2で一日を支配したが、これは、同じ専門知識に距離とトラックの両方を扱うことができるシャーシを意味している。 また、Toyotaが、10年の間に継続して自動車を開発すること応じ、特定の世代の延長された寿命が基本公式の多数の「修正」に満ちていた点に注目する価値があります。 時間が経つにつれてMR2は、より大きなブレーキ、オプションの制限スリップディファレンシャル、マニュアル車の改善されたギアシンクロでよりスムーズな変速と、いくつかの段階的なスタイルの更新を特徴とする。

1995年トヨタMR2

1995年トヨタMR2

W20 MR2を私たちのリストの最上位に押し通す最後の要素は力です。 基本的なモデルは、130馬力の自然吸気4気筒で矩形スーパーチャージャー版ほど強力でおり、1994年に軽いパワーバンプが届きました。 本当の賞200馬力と200ポンドのターボモデルでした。 トークの足。 2.0Lの3S-GTEエンジンは修正によく反応して急速にチューナーの間で人気を得た日本のモデルは、数年をかけて、全体的に、在庫の形がより強力になりました。

カナダと米国の生産は、10年半ばに終わるだろうがJDMドライバは、新しい千年紀が始まる直前までMW2を続け楽しむものであり、日本のグランドツーリングカーの他の多くのFIAのレースで競争しました。 イベント。

1985トヨタMR2

1985トヨタMR2

1984-1989 Toyota MR2 W10

元MR2が代替品と同じくらい歴史的観点から非常にすばらしかったのは疑いの余地がありません。 手頃な価格のスポーツカーファンに重要です。 手ごろな価格の中型エンジン公式が過去にフィアットによって試みられたが 流行 同じ時代のFieroとPontiacでToyotaは、スタイル、性能、および信頼性の面で2つの項目すべて水吹きました。

MR2はロータスエスプリ(Lotus Esprit)とランボルギーニカウンター流れ(Lamborghini Countach)のような80年代のスーパーカーを連想させる古典的なウェッジのデザインを特徴としており、サイズが2/3に減り着脱式T塔があります。 自動車は、ほぼ10年の間に開発されていたし、最終的にショールームに上がったW10はサスペンションにEspritのエンジニアリングチームのピンチヒットを適用して機敏で植えました。 これは1000キロは少し超える縁石重量によって助けを受けて催促されました。

MR2は、最初に、自然吸気1.6L 4気筒エンジンと一緒に排他的に提供され、このCorollaソースツインカム装置は112馬力を開発した。 1987年の同じエンジンにスーパーチャージャーを追加して、出力を145しないで、140lb-ftのトルクで高め、スプリントでほぼ2秒を100km / hで減らすことによって直線速度が向上しました。 より速い車はまた、スーパーチャージャーシステムの追加重量を処理するのに役立つように改良された制動力を受けました。

2003トヨタMR2スパイダー

2003トヨタMR2スパイダー

1999-2007 Toyota MR2 W30

北米ショールームで長年の格差があった後MR2はMR-Sで2000年モデルに戻ってきました。 非常に限られた選択肢とW20自動車のターボチャージャーの性能が全くないスパイダーコンバーチブルトリムに排他的に提供されたためパッケージの側面から車に多少衝撃的な転換でした。

それにもかかわらず、弱い駆動系にもかかわらず、MR-Sは、その魅力がありました。 ほぼすべての区間で車両重量が急激に増加する、一度に1,000kg未満に確認しながら、以前にリリースされたMR2よりもはるかに軽量です。 体積を減らすロードスターのMiataのような馬力がまだ楽しい時間を過ごすのに十分しCelicaクーペで持ち上げ1ZZ-FED、1.8Lエンジンを介して140匹未満の言葉を使用することができました。 変速機の選択には、従来の5段5段(そして最終的には6段)の自動手動が含まれます。 これToyotaに新しいベースになりました。

MR-Sは、2004年にカナダと米国を離れるまで、ほぼ愛されず、衰弱になるものであり、海外生産の最後の年になるでしょう。 MX-5ほど実用的でなく、Honda S2000よりもはるかに速くないToyotaの遺産は不足している部分に焦点を合わせるより軽量のおもちゃを利点に評価することができる熱心な愛好家の中核に消えることです。 やっと30,000個の事例が国境の両側で販売された。

READ  日本初の時間の記録を動かした今村駿介 "一度してみようかという気持ちもあります。」 - 今村駿介時間の記録の詳細なレポート| cyclowired

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close