理科

世界がクリーンエネルギーの未来を追求するにつれて注目される核融合

世界のリーダーが地球への致命的な変化を避けるために気候行動を加速することを誓うにつれて、核融合は現在の核分裂技術よりも安全であると考えられる無公害エネルギー源として勢いを得ています。

次世代エネルギー源は、2011年に大規模な地震と津波による大型原子力事故を経験した日本で反対に直面することができますが、専門家らは、この技術が2040年代に商用化される可能性があるため、国家が発展速度に追従しなければならないと述べています。

核融合エネルギーは、軽い原子核が合体してより重い核を形成するときに生成されます。 生成された核の質量はもともと2つの質量より小さく、残った質量はエネルギーになります。

融合プロセスは太陽に力を与えます。

専門家たちは、事故につながる暴走反応を防ぐために制御が必要な核分裂連鎖反応とは異なり、核燃料が不足したり、プラズマが不安定になれば核融合反応が終わると話す。

核融合エネルギーを活用する段階に到達するには、まだ超えなければならない障害物がたくさんあります。 しかし、京都大学の先端エネルギー研究所(Institute of Advanced Energy)の佐藤小西教授は、競争がすでに始まっており、日本は追いつくべきだと言います。

2021年11月10日、京都府宇治市で京都大学先端エネルギー研究所の小西聡教授(左)と京都フュージョンニアリング(株)の長尾隆最高経営者(CEO)が核融合装置を見せている。 (刑務所)

コニシは最近のインタビューで、「一次エネルギー源の変化は一般的に技術革新よりはるかに遅く到着します」と話し、人々が実際に石油掘削能力を開発してから数十年後に真の石油時代が到来したことを示す歴史を指摘しました. 。

2040~2050年代に核融合エネルギーが電力網に初めて貢献すると期待しているKonishiは、「私たちはすでに核融合エネルギー技術の最前線で拠点を確保するための決定的な戦いで、角が散らばっています」と述べました。

核融合は最近、国連気候変動協約パネルセッションで初めて議論されて注目を集め、温室効果ガス排出なしでエネルギーをほぼ無限大に生産して関心を集めた。

2021年11月、スコットランドで開かれたCOP26として知られる協定セッションで、米国非政府機関であるEnergy for Common Goodの会長であるJane Hotchkissは、「今この事件は核融合エネルギー歴史のマイルストーンの1つ」と述べました。

「私たちは気候のために必要なので、エネルギー源としての核融合が起こらなければならないと言います。私たちはすべての人類のための緩和の機会が必要です」と彼女は強調しました。

理論上、核融合は重水素と三重水素の混合物数グラムで、先進国の一人が60年間消費する量に対応するテラジュールのエネルギーを生産できると国際原子力エネルギー(International Atomic Energy)によると代理店。

重水素は海水から安価に抽出でき、三重水素は自然に豊富なリチウムで生産することができる。 このプロセスは、原子力発電所のように高活性で長寿命の核廃棄物を生成しないと専門家は言います。

東京のエネルギー関連ベンチャーで働いた小西と高永長は、2019年に他の人と協力して京都大学の開発を商業化するためのスタートアップである京都フュージョンアイリング株式会社を共同設立しました。

2021年11月10日、京都府宇治市にある京都大学先端エネルギー研究所である男性がコンピュータ画面でプラズマ状態を確認している。 (刑務所)

同社は最近、核融合エネルギーの生産に磁気力を使用する装置である旧型トカマクと核融合で電気を生成する能力を立証する責任がある政府機関である英国原子力当局の一次サプライヤーに選定されました。

両社は核融合炉の建設に必要な資源を生産できるサプライチェーンを構築することを目指しており、同社を核心連結環としている。

NagaoとKonishiによると、同社の究極の目標は、核融合エネルギー技術のリーダーと考えられる日本で核融合産業を作ることです。

長尾研究員は「日本が実験用原子炉段階で占有率を確保できれば、実証、試製品、商業用原子炉段階に進む時、継続して占有率を確保できるだろう」と話した。

彼は「他の国で核融合炉を建設するとき、多くの日本企業が基盤施設輸出のような核融合プラント機器を輸出できることを願う」と話した。

最近、財政負譲策で清浄エネルギー確保のための手段として核融合研究開発を掲げた日本が欧州連合(EU)、米国、韓国、中国、ロシアとインドが主要加盟国です。

今回のプロジェクトでは、合計35カ国が集まってフランスに世界最大トカマクを建設し、大規模エネルギー源としての核融合の可能性を立証した。

核融合エネルギーは、太陽熱や風力などの再生可能資源とともに、将来の排出削減目標の追求の核となっていますが、核融合原子炉は依然として放射性三重水素を燃料として使用しているため危険ではありません。

中村誠氏、釧路大学副教授は、日本人が核に対して強い嫌悪感を見せていることは理解できると述べた。

提供された写真は、Kushiro College国立工科大学副教授の中村真彦の様子です。 (写真提供:中村中藤)(刑務所)

この国は第二次世界大戦の中で二度も原子爆弾を打ち、2011年の福島原発事故でひどい長期的な結果を受けたため、放射線危険事故を経験した独特の歴史を持っています。

日本人が核融合エネルギーを受け入れるためには、福島以前に原子力発電所が災害問題ではないと人々が信じさせたような「安全神話」を作るよりも、利益と潜在的なリスクが明確に伝わることが不可欠です。 言った。

彼は、「これらの方法の1つは、大量の放射性物質が漏出した場合に事故が人々の健康と環境にどのような影響を与えるかを示すことです」と述べました。

三重水素は、皮膚、肺、または胃を通して大量を体内に摂取する場合、一般に危険であると見なされます。 しかし、福島事故以来、主要な関心事となった核分裂副産物であるヨウ素やセシウムよりはるかに危険性が低い。

しかし、有機的に結合された形で三重水素がどのように行動し、長期的に環境に影響を及ぼすかに関する問題は継続的な研究の主題になるべきであると日本プラズマ科学および原子力学会の専門家委員会委員の中村氏は語った。 融合研究。

中村は「たとえ否定的な反応を見せる人もいるだろうが、潜在的なリスクを明らかにするのが最善の方法」と述べた。


関連する適用範囲:

2020年度に日本の温室効果ガス排出量が史上最低値を記録しました。


READ  パートタイムフェローシップが科学者を学界に再び誘惑した方法

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close