経済

世界の株式は景気後退、COVIDの恐怖が近づき、ほとんど下落

TOKYO – ほとんどのアジア市場が下落した後、ヨーロッパの株式は、景気後退とコロナウイルスの発症の脅威への懸念のために下落傾向に始まりました。

米国の贈り物と原油価格は下落し、日本のベンチマークは、政権自民党が総選挙で圧勝した後に上昇しました。

ユーロは、米ドルに比べてほぼ等しく下落し、しばらく$1.0109まで落ち、再び$1.0120付近まで上昇しました。 欧州の共有通貨は、米ドルに対する20年ぶりの最低水準であり、景気後退の可能性に対する懸念と連携がインフレを防止するために金利を引き上げるにつれてドル価値が急上昇した。

月曜日早い月曜日に、ユーロは1.0118ドルで、金曜日の遅い金曜日は1.0182ドルから下落しました。 米ドルは136.10円から137.00円に上昇しました。

ドイツDAXは1%下落した12,886.28 ロシアの主要ガスパイプラインの閉鎖 年間メンテナンスのため、ロシアはドイツに予定通りガス供給を再開しない可能性があるという懸念が提起された。

パリでは、CAC 40は1.1%下落した5,967.23、英国のFTSE 100は0.8%下落した7,142.11で取引を終えました。 ウォールストリートでは、S&P 500とダウ産業の贈り物は0.6%下落しました。

金曜日のS&P 500指数は0.1%、ダウ指数も0.1%、ナスダック指数は0.1%上昇しました。 小規模企業のRussell 2000指数は0.1%未満に下落しました。

月曜日のアジア証券市場はほとんど下落したが、日本の日経指数は1.1%上がった26,812.30を記録した。

日本与党と連携パートナー 日曜日の投票で大きな勝利を収めた。 2日後に来た 安倍晋三元首相暗殺。 安倍首相は選挙運動演説を聞いていた群衆の中で現れた一人の男性に銃を当てて手作り銃を取り出して発射された。

この攻撃は銃の暴力をほとんど見ない国に衝撃を与えた。 自民党は暗殺以前にも勝利を狙ったが、安倍首相の徐居衝撃がそのような傾向を強化する可能性があるというアナリストもいる。

与党の共鳴党とともに、執権連合は248席の参議院で146席を確保しました。 岸田文夫首相は、2025年に予定された選挙まで中断なく執権することがほぼ確実です。 故安倍首相と自民党の政策は変わらない。

オーストラリアのS&P/ASX 200は1.1%下落した6,602.20を記録しました。 韓国コスピは0.4%下落した2,340.27で取引を終えた。

香港ハンセン指数は2.8%下落した21,124.20、上海総合指数は1.3%下落した3,313.58で取引を終えました。

技術株価は、中国市場の規制当局が過去の取引を必要に応じて報告していない企業に罰金を科した後に下落しました。 電子商取引大企業アリババは6.8%、テンセントホールディングスは3.2%下落した。

世界市場が中国経済指標に関心を向け、米国連邦を含む中央銀行が頑固に増加するインフレを抑えるための動きでウォール街は先週スパッタリング締め切りました。

「景気後退は市場の基本的な見通しではありませんが、そうでないことが証明されるまで、投資家は景気後退の可能性ではなく成長の打撃の深さについて議論します。 したがって、良い経済データは株式にとって良いニュースです。」

中国は金曜日に4〜6月の成長率データを報告し、米国インフレへの更新は水曜日に発表される予定です。 投資家はまた、インフレが企業と消費者に与える影響についての洞察を投資家に提供するための今後の企業収益報告書を見ています。

エネルギー取引では、米国のベンチマーク原油はバレル当たり1.34ドル下落した103.45ドルを記録しました。 金曜日のバレルあたり$2.06から$104.79まで上昇しました。

国際基準のブレント油はバレル当たり106.31ドルで71セント下落した。

影山ゆりはTwitterでhttps://twitter.com/yurikageyama

READ  3日本​​の首相希望者は高齢者に年金システムのために働き続けることを促します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close