トップニュース

世界の25カ国以上に輸出されている光沢のある日本酒「阿波酒」のセリフで有名なフランスのソムリエ任命!

東京 – (ビジネスワイヤ) – 日本の阿波日本酒協会(代表取締役:永井酒社長、永井海苔ヨッシー)、伝統的な酒の生産方法と、2次スキルなどの先端技術を組み合わせて生産される光沢は、日本酒 “阿波酒」の醸造業者が設立した協会3月9日(火)東京銀座にある日本の伝統文化の聖地カーンジェノ劇場で記者会見を開いた。

現在までに厳格な審査を経て、認証を受けた阿波酒のブランドは27ブランドがあり、透け感が鮮明で熟成過程を経て美しく微細な気泡を有するなどの基準を遵守しています。 このうち、米国、オーストラリア、香港、シンガポールなど世界25以上の国と地域に20種類の品種が輸出されています。 最近阿波酒は海外で受賞した酒関連像急激に増加して、多くの注目を集めています。

* 3月9日、認証式と任命式のメディアビデオ:

https://www.youtube.com/watch?v=nit7UW1vibg&t=2700s

*全世界に輸出された阿波酒と受賞歴:

http://greencreate.boo.jp/PR/awa.pdf

*海外日本酒オンラインショッピングサイト:

https://japanpage.jp/en/awasake

今回の記者会見で、日本ソムリエ協会会長の信也田崎氏は、「阿波酒」とフランス料理の抜群の相性を高く評価しました。 また、今年は、有名なフランスのソムリエであるXavier ThuizatさんとPhilippe JamesseさんがAwasake大使に任命された。 また、Philippe Jamesse監督するオリジナルAssociation Awasakeガラスも公開された。

“シャンパンとは異なる固有の価値を持った世界的な高付加価値製品であるスパークリング日本酒の魅力を促進したいと思います。 私たちは、ああと酒を、世界のトーストにしたいと思います。 」と協会は言いました。

*日本の阿波酒協会公式ウェブサイト:

https://awasake.or.jp/en/

*日本の阿波酒協会YouTubeチャンネル:

https://www.youtube.com/channel/UCnMFNdgRoattkORlFCE2SHQ

READ  日本の株式市場は、利益を実現し、流行の懸念に下落

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close