世界チームの座のための戦闘ハイライト日本チャンピオンシップ

Estimated read time 1 min read

SportsLookで記事全体を読む – 世界チームのハイライト日本チャンピオンシップのための戦い

2回世界チャンピオンの宇野翔馬が日本選手権大会開幕を控え、公式練習のために12月20日水曜日、長野ビッグハットアイスアリーナで氷上に上がりました。 4日間行われるこの評判の高いイベントで、宇野と国内のエリートフィギュアスケーターは、国​​家的栄誉と2024年世界選手権大会チームの席をめぐって競争することになります。

今回の試合は木曜日午後1998年長野オリンピック期間中、アイスホッケー競技が開かれたスタジアムで男子ショートプログラムで始まります。 その後、金曜日に女子ショートプログラムが行われます。

観察者によると、去る12月17日26歳になった宇野はショートプログラム「I Love You Kung Fu」を完走し、セッション中にすべてのジャンプを問題なく着地する鋭い姿を見せた。 勝利すると、宇野は羽生ゆずと同じ6番目の国王冠を得ることになります。

宇野は「イベント期間中どのジャンプになるのか分からない」と話した。 「みんなのジャンプ状態が良いようで、大変な戦いになりそうだった。みんなが頑張って良い結果を得たら嬉しいです」

茅山ゆま(KYODO)

茅山、日本シニアタイトルチャレンジ

北京オリンピック銀メダリストの柳山ゆま(Yuma Kagiyama)は、自身のショートプログラム「Believer」に合わせてスケートに乗ってクワッドサルコとクワッドトゥルーフ/トリプルトゥルーフコンボを打ったがトリプルアクセルをすっきり着地できなかった。

広告


Kagiyamaは国内の競争相手を皆一緒にスケートに乗りたいと思って活力あふれるようでした。

柏山は「今日のトップレベルの皆が久しぶりに集まった」と語った。 「練習が本当に上手にできたと思います」

このイベントは、2022-23シーズン中に負傷した茅山がスケートに乗った唯一のイベントでした(彼は8位を記録しました)。 20歳の選手は北京で開かれたグランプリファイナルで3位を獲得し、今週ウノに挑戦する可能性が高いです。

柏山は「最も重要なのは、しっかりしたショートプログラムとフリースケートを持つことだと思います」と語った。

SportsLookで全内容を読んでください。

関連:

著者:ジャックギャラガー

著者はベテランスポーツジャーナリストであり、世界最高のフィギュアスケート専門家の一人です。 Jackの記事とポッドキャストを探す 彼の作家のページからX(以前のTwitter)で彼を見つけてください。 @sportsjapan

広告


READ  Lakshya Senは、世界選手権大会でメダルを獲得するための最近の形を期待しています。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours