世界

世界中のメディアが「アルメニアの敗戦」をせよ報道できなかった理由、人口300万の小さな国が持つ謎の影響| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

領土をめぐり熾烈な戦闘が続いてアゼルバイジャンとアルメニアの紛争は、4番目の停戦合意にようやく定着した。 しかし、全体の戦況はほとんど報道されなかった。 記者の酒井元美氏は、「背景には、在外アルメニア人によるメディアの強いロビーがある」と指摘する – 。

写真= AFP /時事通信フォト

アルメニアの首都エレバンでナゴルノ・カラバフ地域に向かうバスを待っている難民(2020年11月17日)

領土問題で本土への攻撃に発展

9月27日に衝突ファゲイカット離れ、アゼルバイジャンとアルメニアのによるソ連の紛争地域ナゴルノ・カラバフをめぐる戦い。 6主よにわたる闘争は、11月10日に、ロシアの仲裁で締結された停戦合意に基づいて、一度結末を迎えた。

この紛争は、アゼルバイジャン共和国令で国際的に認められている国南西部のナゴルノ・カラバフ地域のアルメニアの系住民が一方的に独立を宣言し、30年近くの間とどまることを続けたことが発端である。

今回の紛争は、ナゴルノ・カラバフ地域自体の衝突だけでなく、アルメニアがアゼルバイジャンの主要都市にミサイル攻撃を搭載グラフィックで進行。 3回休戦合意がなされた場合でも、お互いが違反を繰り返し泥沼の様相を呈していた。

メディアが隠しアゼルバイジャン勝報

イスラエルの第無人航空機をはじめとする先進的な武器でずっと攻撃アゼルバイジャンの前の高いものと旧式の機器で相手アルメニアを圧倒した。 結局はナゴルノ・カラバフの中心都市チュウィサウルアジェルバイジャンガ奪還アルメニアのが白旗を上げるタイミングで素早くロシアが休戦のための合意形成のための仲裁に乗り出した。

ところが、今回の紛争をめぐる西洋報道姿勢を改めて検討すると、「連日アゼルバイジャンによる領土奪還アルメニアの完敗」についての主要なメディアが「報道のない自由」を選択する異常な事態が起きていた。戦いは泥沼た、多くの報道で、 「アゼルバイジャンの勝利目前」という紛争の結末直前の状況になってようやく世界に向けて「事実」が始まったのだ。

ここまでして隠された通し事情は何だったのか。 このような「ソンタク」が進められてきた背景について分析してみたい。

アルメニアの人の強力なロビー活動が行われていた

停電合意が整った6日後の11月16日NHKは旧ソ連地域全体石川一洋解説委員による「休戦成立後、両国の平和が訪れるか」という趣旨のコメントを紹介したが、その中に気になるフレーズがあった。

・大統領選挙での勝利を宣言した民主党のバイデン氏は、アルメニアのに共感し、アメリカの積極的な参加による停電を訴えている。
・楽しいアルメニア “アルメニアのロビー」は、民主党の地盤のカリフォルニア州を中心に強力で、”(のようなトルコ人の)トルコとアゼルバイジャン制裁をする」と促している。

ここに出てくるアルメニアのロビーとは何だろうか。

READ  イスラム分離主義との戦いマクロンは「極右」や「植民地主義者」もない| この量| コラム

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close