世界保健機関(WHO)事務総長「中国コロナ19急増、制限解除のためではない」

Estimated read time 1 min read
  • WHOは、中国の統制措置がCOVID-19を妨げなかったと述べた。
  • 国は、適切な人々が十分な予防接種を受けたかどうか尋ねなければなりません。
  • 中国とWHO間のチャンネルを開く – Ryan

ジュネーブ、12月14日(ロイター) – 政府が厳しい「COVIDゼロ」政策を放棄することを決定するずっと前から、中国でCOVID-19感染が爆発的に増加していたと世界保健機関(WHO)のある取締役が水曜日に明らかにした。 場合。

WHO緊急事態責任者マイク・ライアンのコメントは、世界2位経済でワクチン接種を増やす必要性について警告しながら出てきた。

彼は、メディアとのブリーフィングで、ウイルスが制限が解除されるずっと前から全国的に「集中的に」広がっていると述べた。

彼は「現在、中国が制限を解除し、突然病気が制御不能であるという話がある」と話した。

「私はコントロール自体が病気を妨げていないと信じているため、病気は集中的に広がっていました。

北京は、習近平主席が擁護した経済的ダメージ抑制に対する抗議以来、今月のシグネチャー「COVIDゼロ」政策から脱し始めた。

当局がテストを緩和するにつれて、最近の新しい事例の公式集計が低くなる傾向にあるにもかかわらず、突然の制限緩和は、感染の波が形成されているという心配な兆候で、発熱クリニックの外側に長い行を引き起こしました。

WHOは11月27日までの最近のCOVID報告書で、中国が4週連続入院増加を報告したと明らかにした。

「したがって、中国や他の国々がまだ抱えている課題は、ワクチンを受けなければならない人、適切にワクチン接種、正しいワクチンと適切な投与量、そして彼らが最後にワクチンを接種した時期です」とRyanは言いました。 。

西洋ワクチン

人口が「集団免疫」を欠いており、高齢者の予防接種率が低いため、感染の急増の懸念が高まり、人々がウイルスと一緒に暮らすことを可能にする政策の変化を迎えた中国の喜びは急速に消えました。

WHOの上級力学者であるマリア・ヴァン・ケルコブは、国連機関が中国に技術的なアドバイスを提供していると述べ、ライアンはオープンチャンネルがあると述べた。

西洋製薬会社が中国にCOVID治療薬を供給すると発表した最初の主要取引のうち、China Meheco Group Co Ltd (600056.SS) 水曜日にそれはファイザーの収入と流通だと言った (PFE.N) 経口COVID-19治療薬Paxlovid。

テワードロス・アドハノム・ガブラー・ヨススWHO事務総長は、ブリーフィング序盤に3年前に中国武漢で発生した以後、660万人以上の命を奪ったファンデミックが、次はもはや世界的な緊急事態とみなされないことを希望すると述べた。 年度。

報告:ジュネーブからEmma Farge。 ロンドンのジョセフィン・メイソンの記事。 編集 Alison Williams, Raissa Kasolowsky, Alexandra Hudson

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  北朝鮮、ロシアワグナーグループに武器を販売
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours