理科

世界初のプラズマが光の刃となるライトセーバーが開発される – GIGAZINE

動画



金属を高温で加熱するライトセーバー作成、YouTubeに公開したが、「これは単なる加熱棒でライトセーバーではない」と批判を受けたことから、SF映画に出てくる仮想のアイテムを実際に作ってしまうYouTubeチャンネルの核スミスこの世界初の実際のプラズマブレードを生成するライトセーバー開発した。 技術と資金を集結させた「すごい」としか言えない開発の一部始終がYouTubeで公開中です。

4000°PLASMA LIGHTSABER BUILD(リトラクタブルブレード!) – YouTube

YouTubeチャンネルのthe Hacksmithホストであるジェームズ・ホブソン氏はこれまでにもアイアンマンリパルサーマイティトップハンマーなどの小説に登場する仮想のアイテムをいくらでも現実の世界に再現してきました。


光線剣道過去4年間の間に複数回挑戦してきたもの。


時には消防車が出動する騒ぎになったりしました。


バージョン1は、ニッケルチタン合金のワイヤを高温で加熱したもので……


バージョン2は、タングステン、チタン合金を使用。


しかし、実際に戦う見た……


すごく危険であることを知っていました。


その後、3Dプリンタで出力したチタンカイロレン型騎兵も開発した。 これらの過去の開発したライトセーバー形と音という点で、映画に登場するライトセーバー非常に似ているものだったが……


インターネットには、「単純な加熱ロッドである」「このようなライトセーバーではない」という意見にあふれたもの。


だから新しいホブソン氏は、より原作に近づいたライトセーバーを作ることにしました。 映画に出てくるライトセーバー」プラズマによって生成される光の刃」で物体を溶断します。これを科学的に実現するためには、「ライトセーバープラズマは磁場によって制御される」という仮説がある場合がありますが、現代の技術では困難で様子。


だからホブソン氏は現象を利用して、プラズマの光刃のラ​​イトセーバー作ること。 層流は、各流体要素が揃って運動を起こすの流れのこと。


まず、デザイン設計から今回ライトセーバーのデザインスチームパンク風です。


実際に真鍮を削り模様を作っていきます。


水をかけながらゴリゴリ削っ……


複数の部品を削り出していきます。


溶接作業。


それぞれのパーツを組み合わせています。


完成したのがこれ。


柄が完成したところ、次の重要な “どのように光の刃を作成しますか?」という部分に。 光の刃は、かなりのエネルギーを必要とするため、本体とは別にパワーパックが必要です。パワーパックを使用するバーベキューなどで利用する家庭用液化石油ガスです。


液化石油ガスの流れを特殊ノズルと層流を利用して、1点に集中させると、プラズマが発生すること。


これは、ノズルからの価格は4000ドル(約42万円)とかなり高額。 このノズルを使用して、酸素摂取量を調節して、火花を高温とし、プラズマを生成することです。


ということで、実験に。 安全のためにゴーグルをつけて……


点火すると、ノズルから軽く火花が噴出……


あっという間にライトセーバーの形に。 青い光の刃です。


実際に物を切断することも可能である。


また、炎色反応を使用して炎の色を変化させることができます。ホウ酸を使用すると、……


緑。


ますます色を変えていきます。塩化カルシウムでカボチャ(カボチャ)の色。


塩化ストロンチウムで赤。


塩化ナトリウム黄色に変わります。


5つの色を並べるとこんな感じ。


これらを制御するパワーパックも設計……


結局こんな感じ。


パワーパックを背負っホブソン氏。


ボタン1つで出力すると、実際のライトセーバーのように光の刃が現れました。


また、今回開発したライトセーバーでテストすることが姿は記事作成時点で会員限定コンテンツで公開されて2020年10月14日に公開される予定です。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  新しい年代測定法で1021年にバイキングがニューファンドランドを占領したことを示しています| 科学

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close