science

世界初の接種で、ロシア、中国、新型コロナウイルスの懸念| AnswersNews

ニュース解説

ロシア政府が承認した国立窯プレーヤー研究所の新型コロナウイルス。 10月から大規模な接種を開始する計画である(ロシア保健省)

[토론토 / 시카고 로이터]ロシアと中国で開発された新型コロナウイルス対策は潜在的な欠点がある – 。 このワクチンは、多くの人が一度感染したことがある一般的な風邪のウイルスをベースに作られ、それがワクチンの効果を制限することになる可能性があると、一部の専門家たちは指摘している。

中国のカーンシノ・バイひたすらスが開発しているワクチンは、アデノウイルス5型(Ad5)をベクトルとして利用したもので、中国は軍事使用が承認されている。 ウォールストリートジャーナルは、8月28日、会社が大規模な臨床試験を完了する前に、いくつかの国で緊急承認のための協議をしていると報道した。

モスクワの窯プレーヤー研究所によって開発されたワクチンは、限られた小規模の臨床試験のみ実施していないにもかかわらず、8月11日にロシアで承認された。 このワクチンは、2種類のアデノウイルスベクター(Ad5とAd26)を利用している。

「何のための戦略か」

ジョンズ・ホプキンス大学のワクチン研究者であるアンナダービン氏は「Ad5は、多くの人々が免疫を持っていて心配だ」と話した。 「40%の効果があるかもしれないが、おそらく70%はないだろう。他のワクチンが出るまでの間、何もよりよいかもしれないということだが、今は何のために戦略なのか分からない」

Ad5を使用したワクチンは、これまで数十年にわたって、様々な感染症を対象に研究されてきたが、いずれに広く使用されていない。 ウイルスベクターワクチンは無害なウイルスをベクター(運送業者)として利用して標的ウイルス(今回の新型コロナウイルス)遺伝子をヒトの細胞に運搬免疫反応を刺激する。

しかし、多くの人々は、すでにAd5に対する抗体を持っているので、免疫がベクトルを攻撃してしまい、ワクチンの効果が低下する可能性がある。

新型コロナウイルスワクチンの開発は、いくつかの研究者がAd5とは異なるアデノウイルスと配信メカニズムを選択している。 オックスフォード大学とアストラゼネカは、チンパンジーアデノウイルスをベースに開発してAd5の問題を解決します。 ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンは、比較的まれな形態であるAd26を使用している。

カナダのマクマスター大学のZhou Xing博士は、2011年にカンヌシノと共同で結核のためにAd5をベースにした最初のワクチンを開発した。 Xing博士のチームは、現在のAd5を用いた吸入型の新型コロナウイルスワクチンを開発しており、これにより、Ad5免疫の問題をクリアすることができると考えている。 Xing氏は、「オックスフォード大学のワクチン候補は、カーンシノワクチンよりもはるかに有利だ」と指摘した。 また、カーンシノワクチンに含まれている大容量のAd5ベクターにより発熱が起こり、ワクチンの疑問を煽ることができることも懸念していると述べた。

「彼らのワクチン抗体を持っていない人は、良い免疫を得るだろうが、多くの人々はそうではない。」 フィラデルフィアの上スター研究所ワクチンセンターディレクターのひヴェルデグント・エル小山博士はこう言う。

専門家によると、中国と米国では、人口の約40%がAd5抗体を高いレベルで有しており、アフリカではそれが80%に達する可能性があるという。

2つのベクトル

窯プレーヤー研究所のワクチンは、2つのベクトルを組み合わせたもので、最初はJ&JのワクチンのようなAd26をベースにしたものを接種し、2回目にAd5をベースにしたものを接種する。 研究所のディレクターであるアレキサンダーギンチュブルー区氏は、2つのベクトルによるアクセスが免疫の問題を解決することができると述べた。 エル小山さんも二アデノウイルスのいずれかのみ感染ことのない人には十分な効果があることがあると指摘している。

ロシア政府は、大規模な中枢試験データがない状態で、10月にも高リスク集団を対象にワクチン接種を開始する計画である。 このような動きを受けて、多くの専門家は、ロシアワクチンについて懐疑的な意見を表明している。

「ワクチンの安全性と有効性を証明することは非常に重要である。」 J&J、新型コロナウイルスの設計に参加したハーバード大学のダン・バルシュー博士はこう言った、「大規模な試験は、予想された結果と要求された結果を生まない場合もしばしばある」と指摘した。

(Allison Martell / Julie Steenhuysen、翻訳:AnswersNews)

READ  注意欠陥多動性障害(ADHD)医薬品市場/世界の産業の規模、分析、成長要因、主要企業、地域の見通し、2026年までの将来の洞察力 - InvestAsian

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close