スポーツ

世界初の試みで、日本 – オーストラリアのベンチャー、汚い石炭から水素の生産を開始

小捨てポール

ヤンロイ、オーストラリア(ロイター) – 日本の – オーストラリアのベンチャーが褐炭で水素を生産し始め液化水素を商業的に生産して、安全に海外に輸出することを示すための5億ドル(3億9000万ドル)のパイロットプロジェクトを開始しました。

この計画は、液化水素のための最初の国際サプライチェーンを作るものであり、次の大きなステップは、世界初の液化水素運搬船に貨物を輸送することです。

アンガス・テイラーオーストラリアエネルギー長官はイベントを記念する行事でロイターとのインタビューで、「私たちは、水素の生産と輸出において世界的なリーダーになる可能性を持っており、このプロジェクトは、このを正確に実行するためには、技術を開発してている」と述べた。

すでにグローバル液化天然ガス(LNG)の取引を支配しているオーストラリアは、液化水素が石炭とガスの環境に配慮し、市場を提供することを期待しています。

川崎重工業が運営して世界的に知られている褐炭埋蔵量の4分の1があるビクトリア州に位置するこのプロジェクトは、日本が2050年までに純炭素排出量ゼロの目標を達成するために重要な役割をします。

世界で5番目に大きいエネルギー消費者であるが、エネルギー消費量は、現在の電力生産量の約40%に相当する2050年までに年間水素需要を2000万トンで10倍増やすことを目標にします。

褐炭は比較的低いエネルギー含量のために、最も低い等級の石炭とみなされ、オーストラリアで最も汚れた所のいくつかは、すでに閉鎖しているか閉じて予定の一部の発電所に燃料を供給しました。

「重要なのは、水素が、コスト競争力がなければならず、ビクトリア褐炭は、低水素供給源」とKawasakiのHydrogen Engineering Australia部門ジェネラル・マネージャであるHirofumi Kawazoeは言いました。

このプロジェクトは、二酸化炭素やその他のガスを生成する工程で高温と高圧で石炭を酸素と蒸気と反応させて水素を製造しています。

プロジェクトが商業化されると、二酸化炭素は、ビクトリアの海岸に埋葬されます。 オーストラリア、ビクトリア州政府は、海底からの二酸化炭素を運ぶして注入することをテストする並列プロジェクトを実行しています。

研究によると、炭素回収・貯留を介して石炭から生産された水素は、緑の水素生産コストの半分で1/3程度とプロジェクトのJ-PowerディレクターであるJeremy Stoneは言いました。

緑の水素は、風力発電や太陽光を利用して、水を分離して製造され、石炭から生産される水素は、天候に応じて異なります。

しかし、褐炭の使用を中止するためにキャンペーンを行う団体は、このプロジェクトがお金の無駄だと言います。

環境ビクトリアキャンペーン管理者のNicholas Aberleは「この技術は、今後数年以内に、再生可能エネルギーで供給されるクリーンな水素に置き換えられるでしょう。石炭から水素へのインフラストラクチャのすべての投資は、すぐに白い象になります」と言いました。

一日70kgのパイロットプラントで生産された水素は、トレーラーを使用して、輸出のために液化される港の現場で出荷されます。

日本への最初の貨物は、タンカーの最終点検を遅らせるCOVID-19の制限により、今年の後半に延期された。

プロジェクトのパートナーとしてはIwatani Corp、Marubeni Corp、Sumitomo CorpとAGL Energy Ltdがあり、鉱山で褐炭を供給しています。

($ 1 = 1.2922オーストラリアドル)

(Sonali Paulジャーナリスト、Richard PullinとEdwina Gibbs編集)

READ  中日スカウトが言う「2010年ドラフトの真相」「なぜ澤村拓一ではなく、大野ユダイウル1位に指名した?」 - ドラフト| プロ野球 - Number Web

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close