理科

世界初ブラックホールが星を吸い取る「死」の瞬間を観測 – Sputnik、日本

https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/img/363/19/3631971_0:161:3070:1887_1200x675_80_0_0_3fdbfe08c92aad2098d70f16ffa26c95.jpg

Sputnik、日本

https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/i/logo.png

https://jp.sputniknews.com/science/202010137847257/

世界中に配置されている宇宙望遠鏡を使用して、2億1500万光年に記録的な近距離でブラックホールに星が吸い込ま死ぬ瞬間が観測された。 ヨーロッパ南天天文台が発表した。

科学者たちはヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡(VLT)と新技術望遠鏡(NTT)を使用してフレアを把握することに成功しました。

ブラックホールその一帯の施工の重力が非常に大きく、いくつかの物体も光のような波も、そこを離れることができないため、穴を覗き見ることは不可能である。 このため、科学者たちは、フレアをはじめとする二次証拠に基づいてブラックホールの存在と構造の推論を出している。

ブラックホールは、実際には、名前とは異なり、内容物が空っぽではない。 むしろ逆に、内側は圧縮され縮小された大量の物質が詰まっており、これが大きな魅力をもたらしている。 どんなものでも水平線の境界を越えた後、「帰還不能点」の中を通って、コレところは重力の罠から抜け出すことができない。

今回のブラックホールに落ちた星は重力領域でも、地球に非常に近い領域での吸引のために、科学者たちは、星が死ぬ瞬間をほぼ確実に観察することができた。

重力の作用を受けるスターはすぐに細い糸に分けてブラックホールに吸い込まれていく。 その姿がスパゲッティを吸引姿に似ているので、そのままの表現をとって「スパゲッティ化現象」と命名している。

別の物質細い糸がブラックホールに入ると、膨大な量のエネルギーが放出され、これが明るいフレアを生む。 フレアは天文学者も観察して、フレアの集中度など瀕死の星の質量をもたらした。 これにより、別の質量は太陽のようなことが分かった。

今年のノーベル物理学賞ブラックホールの構造が相対性理論を確証することを発見し天の川の中心から超巨大ブラックホールが発見されたことについて与えられた。

関連記事

READ  分散制御システムの進化的設計を実現する数学的原理を発見し、最先端の制御理論でエネルギーインフラのスマート化に貢献| ハイテクニュース| 東京工業大学

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close