経済

世界初SUV型巨大リムジン誕生! 710馬力の「パラジウム」はどんな車? | VAGUE

長さ6mの巨大なSUVリムジンは、最高速度210km / h

イタリアのモンツァにある「AZNOM AUTOMOTIVE(アズ労務オートモーティブ)」は、2020年12月14日、同年11月5日、世界初公開したハイパーラグジュアリーSUV「PALLADIUM(パラディウム)」の詳細仕様および新しいイメージを公表した。

アズ労務「パラジウム」の走行

パラジウムはセダンタイプの伝統的なリムジンと走行安定性や悪路走破性などSUVの特徴を合わせたモデルでアズ労務社では、「ハイパーリムジン」と表現している。

ボディサイズは、全長5960mm×全幅2085mm×全高1971mm、ホイールベースは3670mmと巨大な大きさ。 車両重量は2650kgで、トランクスペースは521リットルを確保している。

パラジウムは、ハイパーリムジンという呼称にふさわしく0-100km / h加速は4.5秒、最高速度は210km / h(速度制限)という性能を誇る。

※※※

搭載されるエンジンは、5.7リッターV型8気筒ツインターボで、最高出力710ps、最大トルク950Nmを発揮。 2つのターボチャージャーは、ボルグワーナー製の二水冷インタークーラーを装着している。

また、「eトーク」という軽いハイブリッドシステムも搭載されており、一定の条件で4気筒を停止する省燃費モードも搭載する。したがって、大幅な燃費向上を実現しているという。組み合わされる変速機は、8速ATである。

駆動方式は4WD。 日常走行では、基本的には後輪駆動であるが、ドライバーはモード選択スイッチで簡単に4WDに切り替えることができる。 4輪トラクションを最大化するために、電子オートロックディファレンシャルを備えたドライバは、手動で、差動ロックおよびロック解除することも可能である。

ブレーキはブのRAM情報を採用。 フロントは6ポッドキャリパーディスクは408mm×34mm、リアは4フォードキャリパーディスクは380mm×28mmである。 また、タイヤは横浜のアドバンスポーツを採用している。 タイヤサイズはフロント285 / 45ZR22である。

最新モデルらしく安全装備も充実。 6つのエアバッグと、最新の高度な運​​転支援システム(ADAS)と高度なブレーキアシスト、ヒルディセントコントロール、アダプティブクルーズコントロール、ブラインド停止監視、パークアシストなどのアクティブとパッシブの安全システムが完備されており、さらに360度カメラも装備されている。

アズ労務「パラジウム」の後部座席

パラジウムの生産台数は、10台限定となりそうだ。 イタリアで設計および製造されたパラジウムは、顧客が細部の部分と色の選択を行った後コーチビルダーによって手動で微調整を行います。 車両価格は発表されなかった。

パラジウムという車名は、有名なイタリアの建築家アンドレア・パラディオの邸宅からインスピレーションを得ている。 また、同じ名前の珍しい光沢のある金属もその車名の由来の一つだ。

アズ労務オートモーティブは、イタリアモンツァに拠点を置く通信スタジオ。 生産車の定義と使い捨てモデル制作などを行っている。 また、パラジウムのスタイリングとデザインは、イタリアのトリノにあるカマルスタジオが行ったする。

ギャラリー:[사진]最強のSUVリムジン」パラジウム」をイメージで表示(27)
READ  日本の個人データを保護するために、中国からのアクセスをブロック

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close