世界大学ゲームメダリスト松本志保が東京新年大会でショーを盗む

Estimated read time 1 min read

2024年東京新年会

2024年の東京新年大会では、今夜21歳の青年とともに2回目で最後のイベントが行われました。 松本志保 彼女の2つの別々のイベントでショーを披露します。

まず2IMでは松本が2分5秒99の速い速度で時計を止め、試合より6秒以上早く壁に到達した。 これは2019年の個人最高記録である2分08秒88をほぼ3秒も超えただけでなく、この大会で新しい日本学生記録も樹立しました。

また、松本の努力により、彼女はレースで日本3位、アジア5位となりました。

歴代日本女子SCM 200 IM出演者上位5人

  1. 大橋結衣 – 2020年2時3分93秒
  2. 寺村美穂 – 2:05.68, 2020
  3. 松本志保 – 2:05.99, 2024
  4. オモトリカ – 2:06.45, 2021
  5. 今井るな – 2017年2月7日09日

歴代アジア女性SCM 200 IM出演者上位5人

  1. 大橋結衣 (日本) – 2020年2月3日93日
  2. ユイティング(CHN) – 2021年2時4分48秒
  3. 例員(CHN) – 2012年2時4分64秒
  4. 寺村美保(日本) – 2020年2時5分68秒
  5. 松本志保(日本) – 2:05.99, 2024

彼女は現在シーズン世界2位を記録しています。

2 シャーロット
ボンネット
フランス 2:06.58 12/09
サム レナ
クルーン
AUT 2:06.89 12/09
4 ケイティ
シャナハン
GBR 2:07.23 12/09
5 ゆい
大橋
日本 2:07.28 10/21

トップ31を見る»

松本の次の犠牲者は100mフライで世界大学ゲームマルチメダリストが56秒21の記録を立てて金メダルを獲得しました。

松本は26時56分に開幕し、29時65分に締め切り、自分のキャリアの中で最も速い成績を記録しました。 今回の大会に参加した新鋭スターの以前の個人最高記録は、2018年春のJOC大会で公開された59秒74でした。

松本の努力で、彼女は100mフライ部門で日本歴代3位、アジア女子選手のうち6位に上がりました。

歴代日本女子SCM 100フライ出演者上位5人

  1. 池江理香子 – 2018年5月55日31日
  2. 加藤ゆか – 2013年9月56日
  3. 松本志保 – 2024年56月21日
  4. 相馬 – 2022年5月56日27日
  5. 加藤ゆか – 2011年 56.37

彼女は今今シーズンの世界で5番目に良い演技者として確認されました。

2 アンジェリーナ
ケラー
ゲル 55.50 12/09
サム アリーナ
スルコワ
ロシア 55.63 11/25
4 アンナ
エントンツナキ
GRE 55.98 12/09
5 エレン
ウォルシェ
GBR 56.67 12/09

トップ31を見る»

松本は2023年の世界大学ゲームで3つの銅メダリストで、中国成都で開かれた女子フリースタイル4x100m、フリースタイル4x200m、4x100mホンゲヨンで表彰台に上がることに貢献しました。

その他の注意

  • ダブルオリンピック金メダリスト 大橋結衣 昨夜に続き、今夜の女子200mフリースタイルでも優勝を獲得しました。 28歳の選手は2分5秒53のタッチでフィールドをほぼ6秒も圧倒し、その過程で新しい個人最高記録を約2秒ほど記録しました。
  • ほろむらなお 男子100mフライ授賞台で51.85秒で1位を占めました。
  • 今井るな 女子200mの乳房で2分19秒84で優勝し、100mフリースタイルの金メダルで53秒89で続いた。

READ  「アキラとアキラ」、デュオの難しさを克服…
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours