世界最大の実験用トカマク核融合炉がオンラインに

Estimated read time 1 min read

日本と欧州連合は正式に世界最大規模の実験用核融合発電所の試験を開始しました。 東京から北へ約85マイル離れた場所にある6階建てのJT-60SA「トカマク」施設は、円形の磁気絶縁反応器内でプラズマを摂氏2億度(約3億6千万華氏)まで加熱します。 JT-60SAはテスト実行中に初めて電源を入れましたが、 10月にまたパートナー政府の 12月1日発表 は、世界最大の核融合センターの公式運営開始を記念し、「核融合エネルギー分野の長年の協力」を再確認しました。

「磁気コイル付きトロイダルチャンバー」というロシア語の略語であるトカマクは、数十年にわたって持続可能なグリーンエネルギー生産という「聖杯」を達成しようとする研究者たちの努力を導いてきました。 しばしば大きく、中空のドーナツとして描かれているトカマクはガス状水素燃料で満たされ、強力な磁気コイルケースを使用して膨大な速度で回転します。 すべてが計画通りに進むと、太陽がエネルギーを生成する方法と同様に、強力な力が原子をイオン化してヘリウムプラズマを形成します。

[Related: How a US lab created energy with fusion—again.]

でスピーチ 就任式イベントEUエネルギー執行委員であるKadri Simsonは、JT-60SAを「世界で最も先進的なトカマク」と呼び、「核融合歴史のマイルストーン」を意味します。

「融合は今世紀後半のエネルギー混合の重要な要素になる可能性があります」と彼女は続けています。

しかし、そのような革命的なマイルストーンを超えても、JT-60SAには到達できない可能性が高いです。 まだ建設中の欧州の国際熱核融合実験炉(ITER)とともに、このプロジェクトは単に拡張可能な核融合の妥当性を実証するためのものです。 現在の希望によると、ITERの運営開始は2025年と推定されます。 しかし、この事業は2011年の着工以来、財政、物流、建設の問題で苦労しました。

Simsonと一緒に、専門家は持続可能な核融合を作ることが排出のない再生可能エネルギーの未来を確実にする革命的な瞬間になると信じています。 しかし、電力源を実現可能な現実にすることは、技術的、経済的障害物でいっぱいです。 研究者たちは長い間この目標を追求してきました。 世界初の実験用トカマクが製作されました。 1958年に再び ソ連によって。

現在、研究者は世界中のさまざまな施設で核融合エネルギーを生成することができますが、一般に純損失が発生します。 しかし、業界の専門家は、JT-60SAなどの施設で技術をさらに発展させることによって、核融合炉が定期的に正味のエネルギー生産量を増加させることは時間の問題にすぎないと考えています。

[Related: Colorado is getting a state-of-the-art laser fusion facility.]

一方、核融合エネルギーへのもう一つの可能​​な方法は、それ自体が有望な利益を得ることです。 今年初め、カリフォルニア北部ローレンスリバーモア国立研究所の国立点火施設(NIF)は、慣性制限核融合法を使用して2番目に正味のエネルギー利得を達成しました。 このプロセスでは、高出力レーザーは192本のビームに分割され、次に三重水素と重水素ペレットを含むカプセルに衝突します。 得られたX線は核融合を開始する圧力と温度を生成します。

トカマク原子炉やICFレーザーのいずれのプロセスでも、成功した核融合施設は最終的に人類を化石燃料から逃げるのに重要な役割を果たすことができます。

READ  今夜、しし座流星群の活動がピークにピークは17日(火)深夜〜18日(水)午前 - ウェザーニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours