経済

世界最大の年金基金は25%の投資収益率を記録しながら、1年に3,390億ドルを稼ぎました。

Japan」s GPIF President Masataka Miyazono。

日本政府年金投資基金(世界最大の年金基金)は、3月31日までの12ヶ月間の記録的な収益を収めました。 ブルームバーグは、最初報告した

GPIFはこの期間中に25%、または37.8兆円(3390億ドル)の利益を収めました。 これは2001年に設立されたファンドの記録を記録しました。 また、ファンドがベンチマークを上回ったのは7年ぶりに初めてです。

海外株価が59.4%を記録し、最大の正の要因となっており、国内株式は41.6%上昇した。 海外負債は7.1%増加した一方、日本の債務は0.7%減少したとBloombergは言った。

しかし、ブルームバーグによると、GPIFのMasataka Miyazono会長はファンドが享受する強力な株式市場の利益は持続することができません。一時的な追い風の恩恵を受けると警告しました。 2020年4月に主導権を握った宮兆遊ぶ大流行時にもマイナスの分岐を経験したことはありません。

3月終わるファンドの最後の四半期の間にファンドは5.7%を返しました。 これに比べて、日本株は9.3%、外国株式は12%上昇した。

さらに多角化するために、GPIFは、特に、以前のリーダーシップの下、環境、社会的およびガバナンスの投資に現金を投入することが知られています。 Miyazonoは彼の部分で彼がこれにどのように集中かについてのお母さんを維持しました。

Miyazonoは「私たちは、私たちの地位を急速に上げないだろう、非常に慎重にもないだろう」と述べた。 Bloomberg、ESG投資をご覧ください。 「私たちは、長期的に投資し、長期的に影響を受けることです。」

もっと読む: バンク・オブ・アメリカ、2021年の後半買収半導体株5個、1月以降遅れた後、「追撃可能性」がある理由の分析

READ  ソニーは、利益が推定を壊しながら予測を向上させます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close