世界最大の核融合で日本で開場

Estimated read time 1 min read

12月1日、日本は現在まで世界最大の超伝導トカマクJT-60SAを発足しました。 トカマクはドーナツ型の核融合炉で、日本で欧州連合(EU)の支援を受けて建設中のこの新築原子炉は現在建設中の国際熱核融合炉(ITER)の全身になる予定だ。 現在、フランスで建設中で、数年以内にオープンする予定です。

この核融合炉の目的は、設計が正味のエネルギー量を出力できることを実証することです。 それが理解されるためには、投入されるよりも多くのエネルギーが出なければなりません。 核融合は膨大な量のクリーンな無炭素エネルギーを放出する可能性を持っています。 結局のところ、それは星に力を与えることです。 しかし、星の中心で起こる条件を再現するには、エネルギーを投資する必要があります。 そしてすぐにここで難しい相反関係が発生します。

慣性密閉核融合と呼ばれるトカマクと他の設定は昨年純利益を示したが、依然として商業的に実行可能であるには不十分である。 このトカマクは強い磁場に維持されたプラズマを最大摂氏2億度(華氏3億6千万度)まで加熱し、これを通過する電流は次のとおりです。 100万アンペア。 家庭用回路は15〜20アンペアを提供します。

研究者たちは、スケーリングによってますます多くのエネルギーを抽出することができると期待しています。 これはITERがより大きく設計され、最初に燃焼プラズマを達成し、次に2035年までに完全融合を達成できるように設計したものです。 JT-60SAは、原子炉のアプローチの次のステップを教えてくれ、すでに可能性を示しています。 最初のプラズマは、10月にはるかに低い電流が流れながら循環することがわかりました。

「今日ここで起こっていることは、無炭素エネルギー混合の融合の貢献にとって明日重要です。 JT-60SAは、このユニークな核融合装置を学び、機能し、貴重な知識をITERと共有するユニークな可能性を提供するため、国際核融合ロードマップの中心です。 中 スピーチ 就任式中。

Fusion for Energyは、ITERへのEUの貢献を担当しています。 ITERには、EU全体、スイス、イギリス、インド、日本、ロシア、中国、アメリカなど35カ国が加入しています。 ITERはフランス南部に建設されており、2025年には内部に最初の核融合プラズマが入ると予想される。

READ  エルスビアは、大流行が科学的研究に対する信頼に与える影響を理解するために、グローバルな協力を開始します。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours