世界最高の指揮者の一人である日本の小沢聖治が88歳で亡くなりました。

Estimated read time 1 min read

娯楽


小沢は世界トップクラスのオーケストラの珍しい雰囲気の中で数十年を過ごしました。






東京(ロイター) – 日本の最も有名なオーケストラ指揮者の一人である小沢誠司が火曜日の心不全で88歳で死亡したと公共放送NHKが発表した。

中国で生まれた小沢は、世界トップクラスのオーケストラの珍しい雰囲気で数十年を過ごしましたが、インタビューの際に野球をテーマにしたネクタイを結び、「マエストロ」ではなく自分の名前で呼ばれることを好みました。

彼の暑い髪と笑顔は特にアメリカで観客を魅了し、ボストン交響楽団の音楽監督としてほぼ30年間在職しました。

2020年、ボストンは彼の誕生日である9月1日を「小沢清治の日」として宣言し、小沢はボストンが彼の2番目の故郷だと喜んで語りました。

彼は「それが私の人生で本当に重要な時期だった」と述べた。 「どこに行っても、ボストンは私の心の一部です」

数年後、東京に帰ってきた素朴な小沢は、自分が愛するボストンレッドソックス野球チームのジャケットと帽子を着て地下鉄の乗り場で時々目撃され、ファンと会話を交わすために止まった。

彼は2014年の記者会見で「私は天才と正反対だ。私はいつも努力しなければならなかった」と話した。

「勉強はあまり好きではありませんが、音楽をしたいと思わなければなりませんでした。

ウィーン国立オペラダンでの活動は、彼が去った年である2010年に食道がんの診断を受けるなど、健康悪化により無色になりました。

彼は後に腰の怪我で手術を受け、肺炎に苦しんでいました。

小沢は2013年12月、ボストンレッドソックス野球ネクタイと黒いジャケットを着てロイター通信とのインタビューで「私は死ぬまでオーケストラを教えて指揮するなど、私がいつもやってきたすべてのことを続けるだろう」と話した。

未来を見て

休みの時間は彼に音楽を勉強し、ベストセラー日本作家村上春樹のような友達と話し、考えられる自由を与えたと小沢は言いました。

彼は2014年に日経新聞に寄稿したエッセイで「私はいつも前を見ていました。一日のコンサートで指揮した曲を忘れなければ次のコンサートを準備できないからです」と書いた。

「私は過去について考えたことがありません。時間が足りませんでした。」

小沢は4兄妹のうち3番目に生まれ、1935年に歯科医の父親が定着した中国瀋陽で生まれました。 彼らは後に北京に引っ越しました。

キリスト教の母親は彼を教会に連れて行き、賛美歌を歌い、家族は家で歌を歌い、時々彼の兄弟の一人がアコーディオンを演奏しました。

彼は後でこう書いた。 「それが私が音楽に出会った方法でした。」

家族は1941年の服数着と写真アルバム、アコーディオンだけ持って日本に戻り、小沢はピアノを学び始めました。 彼はラグビーをして指を掴んで続行できなくなると指揮に転換しました。

1959年、小沢は貨物船に乗り、ヨーロッパに出発してフランスに到着するのに2ヶ月かかり、そこで彼はブジャンソンで開催される若い指揮者大会で自分のスキルを試すことにしました。

彼は優勝し、世界中にドアを開け、Herbert von KarajanやLeonard Bernsteinなどの偉大な人々と一緒に働くことができました。

トロント、サンフランシスコ、シンガポールでの活動が続きました。 1973年に彼はボストンシンフォニーオーケストラの指揮者になり、29年間の関係を始めました。

熱烈なスポーツファンである小沢の心は、レッドソックス、ニューイングランドパトリオットサッカーチーム、バスケットボールチームセルティックスと共にボストンにいました。

小沢は教えるのに時間を費やしたが(ボストンでは彼を「セージ」と呼ぶ子供たちのための毎週授業を開いた。)彼の情熱は日本でクラシック音楽を育成することであり、そこで彼は松本市で夏音楽祭を開けました。 彼の最初のメンター、斉藤秀夫。

フェスティバルは音楽ファンが山の中の都市に集まり、タクシー運転手たちもクラシック音楽に精通するほど成功を収めた。

小沢には壮大な二人の子供がいます。 彼の娘のセイラは作家であり、息子の雪吉は俳優です。

'; var i = Math.floor(r_text.length * Math.random()); document.write(r_text[i]);

READ  日本、初のカリブ海カーニバル開催
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours