世界槍投げチャンピオン北口が東京にマーカーを立てました。

1 min read

東京、日本:女子チャンドリング世界チャンピオン北口春香(日本)は、日曜日に東京で開かれたゴールデングランプリで優勝した後、パリオリンピックを控えて技量を回復し始めたと話しました。 26歳の選手は最終投球63.45mを投げ、コロンビアのフロール・デニス・ルイーズ・ウルタド(62.06m)とニュージーランドのトリー・ピーターズ(61.26m)を抜いて1位を占めました。

北口はまた、昨年のブダペストで最後の努力でRuiz Hurtadoを倒し、フィールド種目世界選手権大会で優勝した最初の日本女性になりました。 彼女はその後に続いて2023年のダイヤモンドリーグ決勝戦で優勝し、2か月後にパリオリンピックでより多くの成功を収めることを目指しています。 北口氏は「過去2週間、体力鍛錬に苦労して再び体型が良くなるような感じがします」と話しました。

「結局勝てて嬉しいけどもう少し早く63打を投げたら良かったのに」 北口は3年前ファンデミックにより遅れた東京オリンピックで12位をした後、2回目のオリンピックに出場するようになりました。

中国のリュー・シイン(Liu Shiying)が66.34mを投げ、ポーランドのマリア・アンドレイチク(64.61m)、オーストラリアのケルシー・リー・バーバー(64.56m)を抜いて金メダルを獲得しました。 北口氏は、「今日のボールは(パリオリンピックで)メダルを選ぶのに十分ではないようですが、今後2〜3週間準備してメダルを獲得したいと思います」と話しました。 北口はパリで日本の主要陸上メダルの希望者となり、来年東京で開催される世界選手権大会でも注目を集めます。

北口氏は日本で創作大衆化を支援したいと言い、日曜日のイベントの参加者数に満足していました。 続いて「今日ここのファンが多すぎて日本にいるという事実さえ忘れてしまうほどだった」と話した。 「私が要請した時、多くのファンの方々が拍手をしてくれたし、雰囲気も良くて騒々しかったです。本当に幸せです」 – AFP

READ  ロシアのウクライナ戦争と国際スポーツに関する3番目の声明
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours