世界機構は日本の「科学」捕鯨を減らすために動く

1 min read

世界捕鯨監視団体は木曜日、日本の年次クジラ狩りを縮小することにしました。 この狩猟は科学的許可の下で行われましたが、批評家は商業的な肉の輸送であると非難しました。 日本単独で実施する致命的な研究プログラムの検討を「改善」する決議案は、70年の歴史を持つ国際捕鯨委員会(IWC)を捕鯨賛成派と反対派に分裂させました。 わずか2日前、プロ陣営はIWC会員投票の75%が必要だった南大西洋にクジラ保護区を作ろうとする入札を無産させました。 しかし、木曜日の決議が通過するには単純な過半数が必要でした。 日本と商業捕鯨船ノルウェー、アイスランドを含むキャンプでは、17票に対して34票の「賛成」表を得ました。 オーストラリアとニュージーランドの支持を得て、IWCと科学専門委員会が科学の名前で行われる捕鯨プログラムを評価するのを支援する恒久的な「ワーキンググループ」が設立されます。 その結果は、日本が30年間統制された先住民生存捕鯨を許す猶予期間に応じて研究狩りに対する免除を乱用したと非難する保存団体から歓迎された。 ヒューマン・ソサエティ・インターナショナル(Humane Society International)のキティ・ブロック(Kitty Block)は、「今日の投票は、商業捕鯨に対する世界的な猶予措置が発効した後、日本が悪用してきた抜け穴を縮小させた」と述べた。 「禁止措置にもかかわらず、日本は1986年から科学を装い、15,000頭以上のクジラを殺すことができる免許を自ら発給しました。」 決議案は、治安機能がなく、処罰を課すことができない委員会委員に法的拘束力がありません。 森下ジョージIWC日本事務総長は投票後、AFPとのインタビューでIWC創立文書である国際捕鯨規制協約を言及し、「我々は条約自体を遵守するだろう」と話した。 日本の捕鯨は、IWCの2年ごとに開催される会議で非常に分裂的で繰り返される議論です。 科学的例外に基づき、国家政府は自ら漁獲限度を決定し、捕鯨許可を発行する。 – 「正当ではない」 – 2014年国際司法裁判所(ICJ)は、日本が発行した許可が「科学研究目的ではない」と判断し、JARPA IIプログラムを中断するよう指示しました。 日本は2014~15年狩りを取り消し、NEWREP-A(南極海の新しい科学クジラ研究プログラム)という新しいプログラムに従って翌年に再開しました。 観察者によると、その年の南極海で333匹のミンククジラが死んだが、これらの多くは妊娠していた。 南極海には世界でクジラ保護区の2つの場所があります。 研究のために捕獲されたクジラは必ず食べなければならないというIWCの規定により、日本で狩った肉は結局スーパーマーケットの陳列台と食堂に陳列されます。 森下は日本のクジラが科学データを収集するためのものであり、ICJ判決に違反しなかったと主張し、これを擁護しました。 委員は、判決で「ICJが今後の研究活動がある可能性があると仮定することは明らかだ」と同僚の代表に語った。 「ICJはまた、致死サンプリングを使用すること自体が研究目的に関して不合理ではないと述べました」。 しかし、ニュージーランドのエイミー・ローレンソン(Amy Laurenson)は、NEWREP-Aが「事実上科学的研究目的のためではない」とし「日本は依然として致命的なサンプリングの使用を正当化できなかった」と主張した。 彼女は、新しい決議案に基づいて、ワーキンググループがすべての新規、進行中、完成した科学捕鯨プログラムに関するIWC科学委員会の報告書を検討するように任命され、委員会はすべてのプログラムの妥当性を表明します。 IWCのマット・コリス(Matt Collis)のメンバーは、「科学的捕鯨は偽の科学であり、単に商業的捕鯨であることを一方的に」発行するためのもう一つの障害となると述べた。 メキシコの「海のパンダ」とも呼ばれる小さなイルカである深刻な絶滅の危機に瀕したバキタを救うための別の決議案が木曜日に渡されました。 バキタの唯一の生息地であるカリフォルニア湾には、既知の個体が60匹も残っていませんでした。 彼らは中国のブレーに薬効があると信じている大きな魚であるトトアバを捕まえるために使用される違法なネットにぶら下がって死んでいます。 バキタ決定は、IWC会員にメキシコが永久的な自殺禁止措置を取り締まり、被害を受けた漁師に報酬を与え、古い釣り装置を安全な代替装置に交換するための財政および技術サポートを提供するように促します。

READ  News Navigator:福島原子力発電所の処理水が海に放出されるのはなぜですか?
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours