理科

世界的な数学者も生み出した60年以上の学歴競争の怖さ – Yahoo! ニュース

もう一つの担当者ウラべリージュさん(64)は、編集部に勤務して30年のベテランである。

「同じ人間が長い間担当しているので、凝りすぎたりにくくなっがちインです。そこの調整は気を使っています」

「学歴コンテスト」担当の山崎さん(左)とウラベーさん

筆記が人と人をつなぐ

答えは「学コンマン」という添削が添削する。20人ほどの編集部員他はほとんどが大学生のアルバイトだ。」学コーン」が、これまで続いてきた理由は、問題の品質だけではない。 「学コンマン」との交流が大きい。横戸氏が首を縦に振っ。

「紙にお互いが生文字で書いていくことが大きいです。添削からわずか模範解答を書くのではなく答えの思考過程を読んで行き、「ここが間違っている」と指摘していなければなりません。また、ここの予期せぬ画期的な解決法をしてくる人もいます。かなり非常に難しいだろう」

近くの島にある「中学校数学」編集部では、立体展開が本当にできるのか、実際に画用紙で立体モデルを作成した

正解応募用紙は通信欄があり、そこに近況を書いてくる人もいる。 「学校の宿題が多くて大変」と書いてきたら “苦労。 大変だね」と一言添えて返す。その小さな寄り添う高校生を奨励し、また謎に向かう力を奮い立たせEメールではなく、生の書いて文字だけ織り成す世界である。

その後、興味深い現象が起こる。 学構成に応募していた高校生が大学に入学し、大学コンマンアルバイトをそのまま編集部に入るには、数学を中心とした生態系が生まれるだろう。 事実横戸さんも山崎さんもその人。横戸氏は「浪人時代に学歴コンテストに応募することになり、大学に入ってすぐ学コンマンにそのまま編集部にいつてしまいました」と笑う。

添削の一例。 添削によってスタイルがあり、危機に端的に指摘する人もいて、赤文字の多く使う人も解決は添削の指名することもできる

「学コン」で数学の道を

生態系は、クレードルでもある。 学歴大会で数学の楽しさに目覚めた後、数学者の道を選んだ人も多い。 京都大学高等研究院院長/特別教授を務めている森重文氏(69)もその一人だ。

森氏は、1990年に「数学界のノーベル賞」と呼ばれるフィールズ賞を受賞した。 以上は4年に1度しか受賞のチャンスがなく、原則として40歳まで、国際的に優れた業績を上げた数学者に授与される。 日本での受賞は、森さんを含めて3人しかいない。 また、2015年から4年間、国際数学連合の総裁を務めており、米国科学アカデミー外国人会員に選出されるなど、世界各国で表彰されている。 森さんを「日本を代表する数学者の一人」というのは、かなり弱くなる。

森重文氏。京都大学高等研究院で

小学校高学年の頃の進学塾帰りに渡されたケーキの重量が森少年に自分の才能の自覚を促した。

「私は人見知りが激しく、成績もパッと洗剤何も自信を持つことができない子供でした。それがある日、学園で先生が「この問題が解けた人は、ケーキを与えるだろう “と出した算数の問題を、私一人だけ述べたので、自分は算数(数学)の能力があるかもしれないと思うようになりましたよ」

「学コン」に毎月挑戦することにしたのは、高校2年生のとき。その頃の学構成の問題についての印象を尋ねると、「今でも覚えている問題がある。 書きましょうか?」と私のノートにさらさら問題文を書き始めた。「x> 0を無理に……等差数列に関する問題ですよね……. “ペンを走らせ横顔がどこか楽しいそうだ。しかし、50年前の数学の問題を覚えている人が一体何人だろうか。問題文を書いて完了すると、指でトクトクワそれ押しながら思い出を言う。

森氏が50年前に数学の問題をさらさら私のラップトップにエクスポートされた

「この問題をどのように解決するか、まったくわかりません。どこで手を出すいい “

「大学の数学」で模範解答を確認すると、そこに簡単な行の式と若干の説明「1」という答えが書かれていた。

「これは数学でよく言われる「優雅な解決法」というかとなんと数学は楽しく素晴らしい世界だと、どんどん陥るようになりました。 “

常に成績上位に君臨今も残って “伝説”

そして今、「学歴コンテスト」に残る「森の伝説」が始まる。インターネットでは、「送信答案のほとんどが満点だった」という噂がありますが、森林氏は、「これは誇張です」と苦笑いをして手を振って」と3万点は9,8パーセント、2年生からを入れると半分ちょっとよ。 “

しかし、毎月発表される配列で常に上位に君臨した。

「森先生がずっと1位を独占しているので、最終的には、他の解決者で、「森君は、すでに殿堂入りのし席次から分離すればどうか」という提案が地面に掲載されたことがあります。 もちろん冗談ですが、ね」(「大学数学」編集長の横戸氏)

その中で、森さんが今も大切に保存している答案がある。 150点満点で145点。 しかし、添削のコメントにこう書かれていた。

「はい答えの素晴らしさに驚きました。スコアは関係なく席次は、1回にしておきます」

実際の成績欄で150点の1等の前に森さんの145点特等に記録された。 添削は当時の編集長だった。

「満点ではないのに1回というのは驚きました。でも嬉しかったのは答えが「良い」と話した受信ことですね」

エレガントで賛美することができたのだ。 それは森さんが今でも覚えて学構成の問題を見て以来、目指していた到達点であった。

「席次や全国のライバルのようなものの頭の中には一切ありません。問題が来れば、ただ目の前の数学に陥るだけです。」この問題を解いてたい!」と、頭がかっとなるんです。 寝ても問題が頭から離れることなく、起きて再び取り組むも多かった」

現在「大学数学」の表紙動物イラストで親切

「大学入試問題と学コン問題はやはり違います。入試問題は、制限時間内に解くことができように設計されていること。しかし、学コーンは時間無制限であるため、私は学コンを使用して、着実に着実に考えていく力がつきました。これは、後の研究生活にも役立ちました。」

京都大学進学後の天才だけ周囲から敬意ていく。 しかしそのような森氏さえも学問の道から逃げていこうとしたことがある。 大学院入試で学科試験後、名古屋の実家に帰ってしまったのだ。 翌日面接を受けなければ不合格になる。 しかし、指導教授が森さんの異変を感知して、森の母に直接京都に戻る説得を依頼した。 名古屋に到着足京都に転落れ、翌日面接に遅れた。 なぜ逃げようとしたのか。

「研究の数学は答えがないかどうかわからない世界です。これまでの解答が用意されていた数学とは異なっている。そのような研究生活の中で自分が本当にしていくことができ、突然不安な気持ちでしたよ」

当てのない航海のような研究の世界にパドル辿り着いたのが1988年。 8年越しに従事していた「3次元代数多様体の小さなモデルの存在証明」を完成させた。この成果が評価されフィールズ賞を受ける。数学に基づいてコンピュータとAI技術がいたるところに存在している現代では、「数学が何に役立つかどうか」という質問は、もう過去のことだが、森林氏は、自分が成果について「何かの助けたという話は聞いていない」と笑顔を浮かべる。

「今後の研究の世界に入っていくか考えて若者は、その研究が有利・不利や損益や無駄な考えずただ本当に自分の興味に進むと思います」と森氏

「有用な研究」とは何か

「私の研究は、すぐに社会に役立つことはないが、有用な研究をしている人のベース上流の距離にあります。便利なのための研究は、アプリケーションの現場に応じて刻々と状況が変化し、研究自体がすぐに無意味になってしまう場合もあるそんなとき川上の基礎研究がしっかりと身に付いていれば、そこに戻っても、すぐに有用な研究が開始され、「

森氏は講演でよく「フーリエ変換」の話を紹介するという。 19世紀のフランスの数学者によって研究されたこの理論は、現代では、医療検査機器MRIなどに広く応用されて奉仕している。

「私の研究もいつか人の助けになると思います。でも従事するときに便利とか考えずに目の前の数学に夢中です。これは、数学者として、自分の立っている位置です “

現在の学術研究とは何かという議論がされている。 「すぐに役立つ」研究しか価値がないだろうか。 元「ヘルプ」とは何だろう。 いくつかの研究でも、真理が一つ明らかになれば、それは人類全体の知識が一歩前進したものであり、その時点で既にその研究は、「助けになっている」ではないか。

「学歴コンテスト」は、数学の魅力を伝え、時には逆を育てるに向かって人を呼び、時には愛を本当にして、研究者につながる。日本の科学研究の上流の上流にある。

神田紀之(神田智之)
1963年大阪生まれ。 関西大学法学部卒業。 大学卒業後、ジャーナリストと黒田清氏の事務所に所属。 独立後、ノンフィクション作家として現在に至る。 主な著書に「ハノイの純正サイゴンの夢」「「謎」の進学校リネンの教え」最新刊は、長期の森信夫一家をテーマにした「家門」(朝日新聞出版)。

この記事の感想や意見、または「Yahoo!ニュース特集」で、今後取り上げてほしいテーマを送信してください。

READ  「心理学を職場で活用!」すぐに使用5つの技術| LIMO | 生活とお金の経済メディア

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close