スポーツ

世界2位浜田ショリがドーハマスターズで強敵マドレーヌ言葉ロンガに敗北

世界2位浜田ショリが、カタールのドーハで開かれた国際柔道連盟の世界マスターズの最終日水曜日、日本で唯一のメダルと女性78kg部門で銀メダルを取った。

2018年の世界チャンピオン浜田が ippon しかし、フランスのマドレーヌ言葉ロンガに敗れた。 waza-ari 早く osoto-gari 足を投げ、残りの大会期間中にリードを維持しました。

現在78kg部門で世界1位を占めた言葉ロンガが優勝した2019年東京世界選手権の再試合だった。

男100kg以上の部門で東京オリンピックチームで既に場所を確保した原社久義は銅メダリストのウクライナの焼ブカム母の最初の試合で敗れた。 ヘビー級タイトルは10回の世界チャンピオンであり、2回のオリンピックチャンピオンであるフランスのテディライナーに帰った。

日本は金メダル2個、銀メダル5個、銅メダルなしで3日間の大会を終え、3位を占めています。 九日本人が初めて 誘導カー 関係者は、2020年2月以降、国際的に競争しました。

フランスは金5個、銀メダル1個、銅メダル1個1位を占めています。 韓国は3ゴールドで2位を占めた。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  エディアルバレツ(Eddy Alvarez)、冬季オリンピック、夏季オリンピックのメダルで、東京の歴史を書き

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close