両側は、今日の実際の条件に合った改革計画を見なければなりません。

0 min read

政府と日本科学会議が志向する改革の実質が冷えたまま放置されれば、建設的な議論は不可能だ。 両側は、不必要な対決を終わらせるために具体的なアイデアを提示することによって共通点を探さなければならない。

政府は今回の国会で関連法を改正し、審議会の機能を検討する方針だ。

政策に対する影響力が不明であり、委員会の存在理由自体に疑問を提起する声もある。 今回の法改正は、議員選出過程の透明性を高め、運営審議制度を導入するためのものである。

現在、首相は現職委員等の推薦を受け、協議会で選出された候補を任命する。 会員数は210人です。

政府が提示した改正案の概要によると、首相が任命する前に候補者選定に関与する第三者仮称「選抜諮問委員会」が新設される。 委員会は諮問団の意見を尊重する義務がある。

政府が様々な人材を誘致するために会員選定過程に外部専門家を参加させようとする意図は理解できる。 しかし政府はまだ諮問団の委員数や候補選定基準を明確にしていない。

一方、協議会は委員の選出に第三者が関与するのは「独立性を毀損する」と反対する。

しかし、2021年協議会は、委員の選出において広範な第三者の意見を求める独自の改革案を設けました。

政府案も諮問委員の選任を協議会長に任せるものであるため、政府案と協議会案が別の違いはない。 それにもかかわらず、市議会は政府の提案を市議会業務に対する「介入」と批判する。 協議会の立場を理解しにくい。

会計年度ごとに、政府は協議会のために国費で約10億円を投資します。 公的資金を受けても、国会議員の選出に対して政府が「鼻を離さないで」とすれば、国民の理解を得にくいだろう。

また協議会は経営検討過程で委員任期6年に合わせて6年単位の「中期運営管理計画」を樹立する計画だ。 協議会は、会計年度ごとに運営管理実態を自主的に評価し、その結果を公開すると明らかにした。

2011年、福島県原発事故やコロナウイルス大流行といった問題について、委員会が政府に時宜を得た提案をしたとは言えない。 協議会が活動内容と具体的な結果を公開し責任を果たすのは当然である。

科学技術の発展は国家の発展に不可欠です。 政治権と学界が合心して行動することが重要だ。

民間および軍事目的のための科学と技術の二重使用がますます重要になっています。 協議会は軍事研究に反対するなど、古い事故方式を変えなければならず、研究者が国防政策に介入するのを阻止してはならない。

(2023年3月1日読売新聞より)

READ  破れ銀河なぜ「NGC1052-DF4」は暗黒物質を失ったのだろうか? | sorae宇宙のポータルサイト
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours