エンターテインメント

中井MC「真プレイ号プレー大賞」今年の野球界を総ざらい安打は11年ぶり二人ナレーション| ORICON NEWS

タレント中居正広このMCを引き受けたフジTV系「中居正広のプロ野球進歩プレイ良いプレー対象2020全体集中進歩プレイ生誕地で時間を戻そうSP」が13日放送(後8:00)サブMCはアンタッチャブルしかし、ヘルパー杉原千尋アナウンサーが務め、「真プレイ号プレイ対象」見どころの一つとなっている「面白いナレーション」はアンタッチャブルが担当。 2人そろってナレーションを担当するのは、実に11年ぶりのことである。

[사진]その他の写真

無観客で幕特別シーズンが今年は「性能ジェン」、「病気ジン」、「戦いジーン」、「人ジン」、「ハプニングた」、「メジャーリーグた “、”良い試合」など豪華な内容で送信申し上げる。 日本プロ野球選手会の強力なバックアップのもと、12球団の選手の調査を実施し、選手たちが選んだ最新の進歩プレイ・号プレイを紹介します。 また、これまでの時代を彩ったてきた伝説の進歩プレイも登場する。

審査委員長は、徳光和夫が引き受け審査員に今田美桜高岸博之ティモンディ)、ゆきぽよが登場する。また、読売ジャイアンツのコーチの本木大輔元阪神の藤川規定ジィOBゲストとして登場するほか、置くゲストマツダ信弘(福岡ソフトバンクホークス)、大島洋平(中日ドラゴンズ)中田ショー(北海道日本ハムファイターズ)、杉谷拳士(北海道日本ハムファイターズ)、村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ)の豪華5選手がリモート出演を果たす。

「性能ジェン」部門では、今年11月に22年間の現役生活に幕を下ろした藤川の引退試合の模様をオンエア。中居は「勝負の世界はいっても、最後の三者連続三振が良かった?」と藤川に症状を言う、藤川は「(最後の打者となった巨人)重信(しんのすけ)が最もプレッシャーを感じていたと思う」とフライを打ち上げた瞬間、自分の姿を振り返る。

また、今回は、「プロ野球進歩プレイ良いプレー大賞」が生まれたきっかけとなった1981年中日ドラゴンズ・宇野勝の「伝説のヘディングエラー」を振り返るロケを敢行。 宇野とアンタッチャブルが東京ドームシティを訪問し、後楽園球場の敷地を置いて “伝説の生誕地」を検索中というのが「試合翌日の新聞に…」と当時の裏話を告白する場面も見られている。

また、今年2月に空に去った野村克也氏に40年分の感謝の気持ちを込めた「ありがとう奴様ジン」も提供する。 徳光と山崎が「奴さんの話は、本当に面白くて」と野村監督との交流を振り返る中で、藤川は「私プロ1年目のとき野村監督もタイガースの監督に就任して1年ぶりに。 」と思い出を語る。


READ  「稲垣吾郎さんはどこか松田優作さん連想させる」と記者の指摘も映画「ばるぼら「手塚眞監督が、日本外国特派員協会で会見| SPICE - エンターテイメント特化した情報メディアスパイス

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close