世界

中国、ウイルスの事例が急増した後、5日ぶりに病院建設

中国政府は、コロナ19患者が感染急増と戦うことができるよう、1500個の部屋を備えた病院を13日に完成し、政府は、感染した人や、海外の商品をせいした。

この病院は、6つのいずれかであり、合計6,500個の部屋が河北省、北京南のナンゴンに建設されている新華社通信が伝えた。

中国は2019年末武漢の中心都市で最初に発見されたコロナウイルスをほとんど含んでいたが、12月以降に急増しました。

新華社通信はナンボール河北省の首都で合計645人の治療を受けていると述べた。 石家荘に3,000個の部屋がある病院が建設中です。

ウイルス混雑は北京と北東の黒龍江省、遼寧省、南西の四川省でも発見された。

最近の感染は、異常に速く広がった国立保健委員会は言った。

委員会の声明は、「処理するのがより難しい」と述べた。 「伝染病が発見されたとき、すでにコミュニティ電波が発生したため、予防することは困難である。」

委員会は、海外で到着した人や物品の最近の事件を非難しました。 輸入に関する「異常な管理」と「不適切な労働者保護」を非難したが、詳細については明らかにしなかった。

“彼らはすべて海外から輸入されます。 これは入国従業員や汚染されたコールドチェーン輸入によって発生しました。

中国政府は、この病気が海外で発生したことがあると提案して、外国の科学者たちは懐疑的であるが、ほとんどの冷凍魚の輸入食品にウイルスが発見された発表した。

また、土曜日、北京市政府は、海外からの中国の首都に到着する旅行者は、14日の検疫後に追加で1週間 “医療監視」をするが、詳細については明らかになかったと述べた。

全国的に保健委員会は金曜日深夜まで24時間130つの新しい確定例を報告した。 その中の90個河北にあるとします。

土曜日河北政府は真夜中の後、32件の追加事件を報告した上海ニュース媒体よりペーパーが報じた。

石家荘で当局は、計画された病院の1,000個の部屋の建設を完了したと国営TVが土曜日た。 新華社通信は、すべての施設が一週間以内に完了される予定だと述べた。

昨年武漢で発症が開始されると、政権共産党が類似の迅速な病院の建設プログラムを開始しました。

新華社通信は、石家荘で万人を超える人々が金曜日の終わりまでに、ウイルス検査を受けた孟シャンホン副市長を引用しながら語った。 現地で感染された247件見つかった。

一方、世界保健機関(WHO)が派遣した研究者は、ウイルスの起源を調査するために武漢にいました。 木曜日に到着したチームは、2週間の間に絶縁されたが、中国の専門家とビデオリンクで会話する予定だった。

チームの到着はWHOの首長がまれに大衆の不満を呼び起こす外交論争に数ヶ月間、保留された。

その遅延と科学者にこの病気について公に言わならないという秘密与党のコマンドは、中国が、アンチウイルスの戦いのリーダーとして、自分が主張した地位を傷つけることができる発見を遮断しようとすることができるかについて疑問を呼びました。

READ  [아침의 5 개]仕事始めに読みたい厳選ニュース - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close