理科

中国、オリンピック選手と華僑たちにワクチンを提供する準備ができたと

中国は日曜日に海外の中国市民にワクチンを接種するためにCOVID-19の予防接種ステーションを設置する計画であり、国際オリンピック委員会と協力して今後のイベントのために、オリンピック選手たちにワクチンを提供する準備ができていると明らかにした。

中国は国内で複数のワクチンを開発し、独自の予防接種を開始し、7月までに人口の40%を予防接種する予定です。

中国政府の最高外交官である王が日曜日に行われた毎年恒例の記者会見でこのような発言をしました。

王は「私たちは、条件が許容されている国に国産ワクチンのための地域の予防接種のサイトを用意して周辺国の支援が必要な同胞たちにサービスを提供する準備をしている」と述べた。

彼はいくつかの中国の市民は現地の法律に基づいて、すでに中国産ワクチンを海外で受けていると述べた。

彼は中国もオリンピック選手にワクチンを提供するものであり、他の国々とワクチンを相互に認めることについての議論に開いているが、具体的な内容は、提供していなかったと言いました。

中国は来年2022年冬季オリンピックを開催する予定であり、夏季オリンピックは、今年末に日本で開催される予定である。

中国は世界のワクチン共有計画COVAXに万回分のCOVID-19ワクチンを提供する計画だと明らかにした。 中国企業のワクチンは、すでにブラジル、インドネシア、トルコ、アラブ首長国連邦を含むいくつかの国で提供されています。

日曜日の記者会見で、王はまた、いわゆる「ワクチン民族主義」に反対し、中国はワクチンの協力を政治化しようとする試みで抵抗すると述べた。

中国は新型コロナウイルスが中国で発生したという考えについて重ね疑問を提起しており、中国が開発したCOVID-19に対抗して、全世界に注射を送るためのワクチンの外交キャンペーンに着手しました。

中国は世界的な影響力を高めるためにCOVID-19との戦いを悪用することを拒否した。

習近平主席、中国ワクチンを “世界公益」にすることを約束した。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  天体にも生命のような進化の? 別・惑星形成に迫る| U22 | NIKKEI STYLE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close