中国、クロスカントリー係留金メダルから日本を抜く

1 min read

中国は木曜日ここで開かれた第28回アジアマウンテンバイク選手権大会クロスカントリー係留で決勝船で日本を押して金メダルを獲得しました。

Wang Zili、Badan Shiqu、Chen Keyu、Ma Caixia、Lyu Xianjingで構成された中国チームが1分3秒24秒10で先頭を占め、日本が1分3秒43秒17でカザフスタン(1分5秒55秒15秒)を超えました。 インドは9つの団体戦で7位を占めました。

日本のライダーである澤田氏は、最初のラップ以来初めにリーダーを獲得し、2番目のライダーである北林氏がこれを維持しました。 しかし、杭州アジア競技クロスカントリーで銀メダルを獲得した中国のマチャイシャが3週目で格差を狭めて首位を占めた。

日本は4回で先頭を取り戻し、最後のラップでは中国のLyu Xianjingと日本のTatsuumi Soejimaが激しい接戦を行った。 前者はフィニッシュラインでTatsuumiを越えて中国の金メダルを獲得した。

「私たちはこのレースのために主要なライダーを休ませました。 実は私たちの2軍チームでした。 熾烈なレースだったが、地形やトラックへの馴染みが勝利に役立ったと考え、チームの成果に満足している。

結果:クロスカントリーリレーエリート: 1. 中国(1:03.24.15)、2. 日本(1:03.43.17)、3. カザフスタン(1:05.55.15)。

この記事は、購読者にのみ提供されるプレミアム記事です。 毎月250以上のプレミアム記事を読むには

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

これが最後の無料記事です。

READ  不可能とオリンピックバスケットボールの勝利のためのトムホバッセ
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours