トップニュース

中国、ロシアの爆撃機が韓国、日本近隣で合同訓練を実施

日本と韓国の近くで訓練中のロシアと中国の爆撃機の道。 日本モードの写真

中国のH-6爆撃機4機とロシアのTu-95爆撃機2機が火曜日、日本と韓国周辺で合同飛行を行い、両国が飛行を監視するために戦闘機を出撃するように促しました。 合同飛行は、ジョーバイデン米大統領が東京でオーストラリア、インド、日本クワッドグループに会った日と同じ日に行われた。 誰でも。

岸野武夫日本防衛賞は、火曜日の記者会見で今回の飛行が挑発的で、日本が外交チャンネルを通じて懸念を表明したと話した。 岸はまた、国際社会がロシアのウクライナ侵攻に対応しているだけに、中国とロシアの持続的な合同軍事活動も見過ごすことができないと述べた。 岸は今回の合同飛行が2019年以降の4番目で、昨年11月以降初めてだと述べた。

日本防衛省合同参謀本部(JSO)は、火曜日の朝から午後まで、中国のH-6爆撃機2台が東シナ海から東シナ海に飛び、ロシアのTu-95爆撃機2台と合流したと発表したと火曜日発表した。 。 4機の航空機は共に東シナ海に飛んだ。 他の2機の中国H-6爆撃機が、編隊飛行をする2機をロシア航空機に置き換えました。 その後、編隊は宮古海峡を介して太平洋に飛んで、後で同じ方法で戻ってきました。 JSOはまた、ロシアのIL-20偵察機が同日午前から午後まで北海道礼文島から本州能登半島まで日本海上空を飛行し、すべての飛行に対して日本航空自衛隊戦闘機が出撃したと明らかにした。 監視を実施する。

東シナ海上空を飛行する中国のH-6爆撃機。 日本モードの写真

合参は記者たちに中国戦闘機2機とロシア戦闘機4機が韓国型防空識別区域(KADIZ)に進入したが領空を侵犯しなかったという文字を記者たちに送ったと報道した。 連合ニュース 火曜日に。 合参は合参の言葉を引用して「私たち軍はKADIZ進入に先立ち空軍戦闘機を配置し、偶発的な状況に備えた戦術的措置を取った」と伝えた。 済州南道の南にある岩石である伊東島から北西に126km離れた地域に位置するKADIZ。 午前9時33分頃、東海(日本海)に向かって移動し、水域を抜け出した2機の中国飛行機はこの日、Tu-95爆撃機2機を含むロシア戦闘機4機と合流し、一緒にKADIZに進入した。 午前9時58分午前10時15分頃、地域を離脱した午後3時40分頃であっても、東南に約267km離れたカディズ郊外地域で中国軍4台とロシア軍2台が飛行することが捕捉された。

JCSは他の2機のロシアの航空機が何であるかを話したが、ロシア国防総省は火曜日のプレスリリースで、ロシアのSu-30SM戦闘機が合同航空哨戒期間中に空軍機動部隊を支援したと述べた.

ロシアメディアは「ロシア航空宇宙軍と中国人民解放軍空軍がアジア太平洋地域で合同公衆哨戒を実施した」と明らかにした。 「ロシア航空宇宙軍のTu-95MS戦略ミサイル搭載爆撃機と中国人民解放軍空軍のHong-6K戦略爆撃機で構成された空軍機動部隊が東海上空で合同空中哨戒を実施し、東シナ海。 … 彼らの任務を果たす過程で、両国の航空機は国際法の規定に従って厳しく運用されています。 外国領空侵犯はなかった」

ロシア国防部はまた、ロシアと中国の戦略爆撃機の合同公衆哨戒が2022年の軍事協力計画に従って行われ、第3国を狙ったものではなく、飛行時間が13時間だと付け加えた。 報道によると、飛行の一部段階で爆撃機は大韓民国空軍(ROKAF)と自衛隊の戦闘機の護衛を受けた。

中国国防部は24日、「中・ラ年間軍事協力計画により5月24日、両国空軍が東海上空で定期合同航空戦略哨戒を編成した」と明らかにした。 日本、東シナ海、西太平洋。 水曜日、中国国防省のスポークスマンWu Qianは、「5月24日、中国とロシアの空軍は2022年に定期合同航空戦略巡航を実施した。 今回が4番目の戦略巡航」と明らかにした。 両国空軍は2019年から施行している。 目的は、両国空軍間の協力レベルをテストし改善し、両国軍の間の戦略的相互信頼と実質的な協力を促進することである。 今回の措置は第三者を狙ったものではなく、現国際及び地域の状況とは無関係だ」と話した。

日本のロシアツポレフTu-95ベア。 日本モードの写真

JSOは月曜日早く日本全域で人民解放軍海軍(PLAN)船舶の動きに関する2つの公開資料を発表し、最初の公開資料では日曜日午後1時に福江から西に約260km離れた南東に移動するPLANタイプ054Aフリゲートボックスを目撃したと明らかにしました。 島。 月曜日の午前7時に、2番目のType 054Aが対馬南西に約120km北東に移動することが目撃されました。 二隻の船は対馬海峡を通じて北東に進み、日本海に向かって航海した。 リリースで提供された画像とペナント番号は、PLANフリゲートをCNSとして識別しました。 徐州 (530)とCNS 一段 (579). 日本海上自衛隊(JMSDF)の高速攻撃艇JSが発表した。 オタカ (PG-826)と地雷探索JS ウクシマ (MSC-686)は、海軍航空施設アツギに基づくフリートエアウィング4のJMSDF P-1 Maritime Patrol航空機で船を監視した.

2番目のプレスリリースによると、5月23日月曜日の午前10時頃、PLAN Sovremennyクラスの駆逐艦がKume Islandから北西に80km離れた場所で目撃されました。 この駆逐艦は宮古海峡を経由して南東に進み、太平洋に向かって航海しました。 提供されたペナント番号は船をCNSとして識別しました。 杭州 (136). 那覇空軍基地にある第5艦隊航空団所属JMSDF P-3C Orion海上哨戒機がPLAN船舶を監視しました。

水曜日、JSOは3隻の船舶がすべて東シナ海に帰還したという2件の報道資料を発表した。 最初の報道資料によると、火曜日午後4時ごろ、対馬(長崎県)の北東に約120km南西方向でPLAN Type 054A護衛艦が目撃され、同日午後7時頃にはまた別のType 054Aフリゲートが沖西島から北西に90km。 発表によると、2隻のフリゲート艦は南西に対島海峡を通じて東シナ海に航海したという。 オタカウクシマ 地雷を探すJS 菅島 (MSC-681)は海上自衛隊P-1海上哨戒機とともに艦船を監視した。 2番目のプレスリリースによると、水曜日の午前1時にPLAN Sovremenny級駆逐艦が、Miyako島から東に約130km離れた海域から北西に移動することが目撃され、その後Miyako海峡を経由して北西に航海して東シナ海に進入したと明らかにした。 このリリースでは、フリゲートと駆逐艦が月曜日のリリースで言及されているのと同じ船であり、サポートJSがこの船を監視していることが示されています。 天草 (AMS-4303)と海上自衛隊P-3Cオリオン。

READ  私は "圧倒的劣勢でもトランプが勝利」と予想する最大の理由"隠れトランプ「なぜ隠れるか| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close