技術

中国、日本、米国のように海外の化石燃料発電技術の継続資金支援

プリンストン大学、ウィルソン公共・国際問題学校

炭素集約的な電力システムから脱し再生可能技術に投資することは、グローバル電力部門の炭素を除去し、地球規模の気候変動を減らすために重要です。 しかし、発電部門で海外養子金融を主導している中国、日本、米国の3カ国は、引き続き化石燃料発電に資金を支援している。

NS 以前の研究 プリンストン大学の研究者らが率いる研究によると、中国は海外発電所、特に石炭火力発電所の最大の公共資金調達局です。 今フォローアップで 分析、彼らは日本とアメリカが続いきつく追いかけ海外では主にガスと石炭発電をサポートすると報告します。

パリの気候協定に基づいて、世界経済は、2050年までに炭素依存性を迅速に放棄し純炭素排出量ゼロに近づく必要があります。 2060年までに国内のカーボンニュートラルのための中国のコミットメントと2050年までの日本とアメリカのカーボンニュートラルの目標のような国家目標は、炭素集約的な技術から世界を導くために支援しています。

しかし、中国はまだ化石燃料技術の海外資金調達を制限するポリシーを設けていない。 米国と日本は海外石炭火力発電所の公的資金を中止することで合意したが、海外のガス発電所の公的資金や石炭、ガスなどの化石燃料プラントの民間資金を制限する政策はない。 代わりに、これらの国々は、両者の金融を通じて発展途上国の化石燃料への依存度を引き続きサポートします。

両者間および多国間の資金調達は、すべての発展途上国の電力インフラの開発に重要な役割を果たしています。 両者の間の資金調達は、単一のドナーと単一受恵国の間で発生するのに対し、多国間資金調達は、多くの国で発生します。

2010年代以降の研究によると、ほとんどの多国間開発機関は、財政を再生不可能なエネルギー源で、より環境的に持続可能なプロジェクトに切り替えました。 しかし、両者の間の資金調達とグローバル脱炭消化努力の具体的な影響についての研究はほとんど行われていません。

研究者は、2000年から2018年まで、日本とアメリカのデータを分析し、各国国家開発金融機関の両者金融と外国人直接投資の動向を追跡した。 プレスリリースとの年次報告書で収集されたデータは、以前に中国に収集された情報と結合された。

彼らはインドネシア、インド、ベトナム、アラブ首長国連邦のような発展途上国で3つの国のすべての再生可能エネルギーよりもはるかに多くの化石燃料発電に資金を支援することを発見しました。 中国の金融は、石炭と水力発電所を好む一方、日本と米国の金融は、天然ガスや石炭に専念しました。 非水力再生技術への貢献は、これらの国の独自の「グリーン」国内のエネルギー政策にもかかわらず、総海外容量の増加のために、それぞれの国の貢献の15%未満であった。

研究の主著者であり、プリンストン大学の大学院研究員であるXu Chenは「このような化石燃料ベースの設備資金調達は、低炭素エネルギー変換を妨害するため、中断してください。」と言いました。 エネルギー環境政策研究センター

化石燃料ベースの施設の双方的資金調達は、長期的な炭素固定投資です。 化石燃料発電基盤施設は、大規模なCOを「固定」します。2 再生不可能なエネルギー源から抜け出すことをさらに困難にしています。 研究者が分析した資金調達のデータの一部は、20年前に遡るが、関連COの大半は2 排出は、将来的に発生します。

しかし、太陽光や風力などの再生可能技術のコストは急速に減少しています。 やがて、新規および既存の化石燃料発電所を運営することは、環境的に持続可能な代替よりもコストがかかり、収益性が低くなります。

交信著者であり、この大学の工学および国際問題教授Denise L. Mauzerallは「国が化石燃料発電の海外資金調達を制限することが重要です。」と言いました。 プリンストン公共および国際問題の学校 そして 工学応用科学大学。 「世界は新しい化石燃料発電所から発生する二酸化炭素の排出量に余裕がない低開発国は化石発電所が建設された直後廃棄する余力がありません。 多くの石炭火力発電所が引退軌道にあるが、天然ガスについては、そうでない天然ガスのための資金調達が増加しています。 化石燃料工場の資金調達は、全世界が災いレベルの気候変動を避けるために、再生可能エネルギーへの方向を切り替える必要があります。 “

/公開。 この資料は、元の組織から得たものであり明快さ、スタイル、長さのために編集された特定の時点のものであることができます。 一覧 ここ

READ  Embracer Group、ボーダーランドメーカーGearbox Entertainmentを13億ドルで買収

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close