中国、日本、韓国は三国関係を強化し、首脳会談を模索することに合意しました。

Estimated read time 1 min read

シン・ヒョンヒ記者

ソウル(ロイター) – 中国、日本、韓国の外務大臣は、日曜日、アジア近隣諸国間の協力を再開し、重要な地域の緊張を緩和するための最近の措置として、三首脳の首脳会談のための道を拭くことに合意しました。

今月の習近平国家主席とジョーバイデン大統領の首脳会談を含め、中国と米国が散らばった関係を改善しているにもかかわらず、中国は米国と主要地域同盟国が3者パートナーシップを強化していることを懸念しています。

中国、韓国、日本は外交及び経済交流を強化するため、2008年から年次首脳会談をすることに合意したが、双方向対立とコロナ19の伝染病により三首脳が2019年最後の会議を行うなど計画が中断されました。

三首脳外交官は去る9月、三国の管理者が「最も便利な時間」に三国首脳会談を手配することに合意した後、2019年以来初めて韓国釜山港で会いました。

三大臣は三国首脳会談の時期を具体的に明らかにしなかった。

チョ・テヨン大統領府国家安保補佐官は「習近平中国首相と岸田文夫日本首相、ユン・ソクヨル韓国大統領が今年は会えないかもしれないが近いうちに首脳会談が行われる可能性が大きい」と話した。

日本外務省は声明を通じて100分間の会談で、安保、経済、技術など6分野で協力を進展させ、首脳会談準備のための具体的な議論を推進することに合意したと明らかにしました。

朴ジン外交部長官は「三国協力が安定的で持続可能な体制に発展できるように制度化することが重要だ」と話した。

王は中国外交部長は、三国が「より進歩的な態度と態度」で地域と世界の発展を促進するのに積極的な役割を果たさなければならないと述べた。

上川洋子日本首相は、国際安全保障状況が「これまで以上に深刻で複雑になるにつれて、より大きな三国協力が地域平和に寄与するだろう」と述べた。

朴大統領と上川両国首脳は、先週、北朝鮮の最初の偵察衛星の発射を非難し、平壌とモスクワ間の武器取引への対応を強化することに合意したと韓国外交部が声明を通じて明らかにした。

日本の刑務所通信によると、上川首相は協調的な口調を破り、日本が慰安所で強制的に働いた女性たちに賠償しろという韓国裁判所の命令に対して「とても残念だ」と韓国に要請したと伝えた。

朴大統領は王部長とは別に会談を行い、彼をソウルに招待して戦略的コミュニケーションを強化することに合意したと政府は明らかにした。 朴大統領は、北朝鮮がさらなる挑発を避け、非核化の道に進むように中国が建設的な役割を果たしてくれることを要請した。

中国外交部は、王部長が朴槿恵(パク・グンヘ)大統領に、半導体やその他の貿易紛争をめぐる米中緊張の中で経済・技術問題を政治化しないよう警告したと述べた。

土曜日に王首相に出会った上川首相は、「近い将来に」日本と中国の間の安全保障対話が開かれるという希望を表明しました。 王部長は、中国と日本が互いに「脅威を与えずに」お互いの正当な懸念を尊重しなければならないと強調しました。

韓国のユン候補と日本の岸田候補は去る8月バイデンと歴史的な3者首脳会談を開催し、歴史と貿易不和によって悪化した関係を改善するために出ました。

王部長は7月、米国が韓国、日本との関係を強化しようとする努力が地域的緊張を高め、対決を促すことができると警告した。

(ソウルでシン・ヒョンヒ記者、東京でSam NusseyとDaniel Leussink、北京でLaurie Chen、ソウルでイ・ヒョンヨン記者、編集:William MallardとClarence Fernandez)

READ  ポールアンドリュー、フェラガモクリエイティブディレクターを辞任| おもてなし
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours