中国、日本の次回の大きな不況のための準備段階

Estimated read time 1 min read

中国経済の「日本化」についての話が出てくる中、中国の問題がどのように日本の回復を妨げるのかを見ていくのが賢明です。

アジア最大の経済が日本の失われた数十年を心配していることは間違いありません。 中国の成長渋滞、消費者物価の弱さ、1990年代の日本の不良債権危機を反映する不動産部門の問題だけを見てください。

しかし、中国の2024年の見通しが弱まるにつれて、最大の貿易パートナーは今後の将来の付随的な被害を受け入れています。 日本は、無数のグローバル逆風や特許論争を含む他の力学の中で、中国の下方変動に特に脆弱です。

「地平線をさらに見下ろすと、日本経済は継続的な経済成長の鈍化によって打撃を受けるでしょう。 中国の成長日本経済監視ニュースレターの発行者であるエコノミスト・リチャード・カッツ氏は、「中国と西側の技術戦争と地政学的緊張により、中国に位置する日本企業のリスク除去と中国の知的財産盗難が発生しました。 」と言いました。

最大の即時影響は輸出だとKatzは言います。 彼は中国への輸出が10%減少するたびに、日本の国内総生産(GDP)が0.4%減少すると計算します。 これは約2023年の最初の8ヶ月間に日本の中国輸出が減少した金額です。 もちろん、米国債の利回りとグローバル緊張が同時に急増し、状況はさらに悪化する可能性があります。

さらに、Katzは、中国のGDP成長率が1%下落するたびに、アジア全体のGDPの約0.3%が減少すると指摘しています。 これらのダイナミクスは、日本の銀行が通貨加速ペダルから足を離すために急がない理由を説明しています。

4月から、世界市場は上田一雄信任BOJガバナーが23年間の量的緩和政策を終了することを誤って賭けています。 上田はデータを通じて日本の賃金が上昇していることを示唆することを願って慎重に措置を取ってきました。 そんな幸運はありません。

今、中東の混乱が世界市場を揺るがして、BOJがブレーキを踏む可能性はさらに低くなりました。 日本のインフレが今年30年ぶりに最高値を記録したにもかかわらず、これは部分的に円安が原因で発生しました。 円 今年14%下落 日本は食品やエネルギー価格の上昇により、より高い価格の輸入品を輸入するようになりました。

先週末までの原油価格の上昇は、コロナ19以降の需給不一致とロシアのウクライナ侵攻などが主導した。 今衝撃です。 イスラエルの内部でハマスの攻撃 企業幹部、投資家、家計は、原材料によるインフレの新しい波に備えています。

上田BOJ総裁が今年初め、岸田文夫首相の電話を受けたことを後悔するならば、その心情は十分に理解できる。 20年以上にわたって借入費用がゼロからマイナスに保たれた後、BOJは自然にある程度正常な姿に転換することを熱望しています。

上田首相の前任者は、昨年末の変化があったときに政策の変化を始めるか、さらには電報に送ることに反対した。 結局、BOJをQEのウサギの洞窟に引き寄せた人は黒田春彦知事でした。 2013年以来、黒田総裁は、その中央銀行もできなかった方法でBOJの貸借対照表を拡大しました。 2018年まで、黒田の債券と株式備蓄政策は日本のGDP5兆ドルを超えるほどBOJの貸借対照表を超大型化しました。

問題は、それが東京が日本の動物の精神を復活させるためにしたすべてだったことです。 ある意味、黒田は執権自民党によって絞首刑に処された。 2013年、LDPは官僚主義を減らし、労働市場を近代化し、生産性を高め、革新を促進し、 女性に権限を与える。 主に成長回復のために非常に積極的なBOJの緩和に頼っていました。

もちろん、自民党は企業支配構造に進展しました。 2014年以来、企業は自己資本利益率を改善し、取締役会を多様化し、株主の意見を聞くよう促しました。 しかし、他の場所では改革が不足しているということは、ウォーレン・バフェットと彼の同流が落水効果経済がまだ効果がないことを悟り、1億2600万人以上の日本人に恩恵を与えていることを意味します。

12月、黒田は実際に変化に対する市場の忍耐力をテストしました。 しかし、10年満期の国債収益率を0.5%まで上げようとする彼の動きは、途方もない逆効果を生み出した。 円が急騰し、グローバル市場が揺れると、BOJは市場の混乱を抑えるために急いで債券の購入を増やしました。

日本がインフレ問題と苦軍奮闘する中で、これから進む道を探すことはもう上田の役割です。 デフレ勢力 同時に、2024年の景気低迷の懸念は言うまでもありません。

Gavekal DragonomicsのエコノミストであるUdith Sikandは、「今は先進国のどこでも中央銀行長になるのは難しい時期です。しかし、金融政策立案者の役割は、日本の他のどこよりも難しいでしょう」と述べました。

Sikand氏は、「BOJが極めて緩和的な立場を維持している一方で、他の中央銀行は緊縮政策を展開しているため、それに伴う円安の下落により誤った種類のインフレ、すなわち収入インフレが多すぎて実質賃金増加率が消費者の需要を抑え、BOJの政策目標達成をさらに困難にする」

ここに中国の景気鈍化による逆風が大きくなっており、今すぐ上田首相の席に座るのが好きな経済学者がいるかどうか疑問です。 皮肉なことは、中国が日本と同じリスクを負うほど、中国の不振が日本経済を困難に陥るリスクも大きくなるということです。

READ  日本の小売販売は5カ月ぶりに最も速い速度で増加します。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours