トップニュース

中国、日本の水放出計画を批判

中国は水曜日に破壊さた福島原発から太平洋に処理される放射能の数を放出することにした日本の決定に対する批判を再開した。

Zhao Lijian外務省のスポークスマンは、約2年後に水を放出することにした決定が「非常に無責任な “コスト削減策と言いました。

Zhaoはまた、日本の決定をサージの有名な日本の版画写真で批判した日本の決定を批判したツイートを介して、日本の懸念を考慮していないとき、他の人が批判することを許可しないことが偽善と言いました。 隣人。

「一部の日本の管理は、耳を食べ愚かなことをしています。しかし、なぜ彼らはこの画像にその話をいるのですか?」 Zhaoは毎日のブリーフィングで語った。 「日本側の責任を認識し、国際的な義務を尽くし間違った決断を撤回します。」

茂木豊島ミス日本の外相は、日本が抗議してツイートの削除を要求したと発表した。 吉田智之外務省のスポークスマンは、このツイートが科学的根拠が不足していると語った。

「高いレベルの透明性に国際社会に対応しようとする日本の誠実な努力とは異なり、 [the tweet] 科学的な証拠に基づいていない一方で、感情を呼び起こし、非常に遺憾だ」と述べた。

日本の決定は、長い間、予想されたが、安全の問題と抗議のために遅れている。 閣僚は漁師、住民と日本の隣人によって激しく反対しているが最良の選択だと支持している。 この水は、2011年の地震と津波で被害を受けた原子力発電所からの分解された燃料を冷却するために使用されたが保存されているタンクは、来年にいっぱいになります。

また、水曜日に日本の電力会社は、老朽化し​​た原子炉の3つの再活性化するためのローカル同意を得て原子炉を再稼働し、国の二酸化炭素排出量削減目標を達成するために必要な最後の障害物を取り除きました。

関西電力は40年以上稼動した高浜1号、2号機、美浜3号炉の本拠地である福井県から承認を受けたと述べた。

福井知事辰か杉本(Tatsuji Sugimoto)の承認は、老朽化し​​た原子炉が40年の寿命を超えて動作した最初の事例です。 原子力規制当局は、福島原発災害後の強化された安全基準に基づいて、各原子炉に20年延長を可能にしました。

経済と産業部長官である梶山浩(Hiroshi Kajiyama)は、原子炉の電力で化石燃料発電所の使用を減らすことができるので、炭素排出量の削減に貢献すると述べた。

関西電気は、原子炉が準備次第再起動する計画だが、対テロ対策のインストールが遅延されて高浜原子炉の時期が不確実であると明らかにした。

10月に日本が2050年までにカーボンニュートラルを達成すると公言した菅義偉首相は最近、2030年炭素排出量削減目標を前の26%削減で2013年の水準から46%に高めました。 日本は世界最高の炭素排出源の一つです。

2018年に策定された日本の現在のエネルギー計画は、エネルギーの22〜24%が再生可能エネルギーで出てくることを要求します。 原子力で20%-22%; 56%は石油、石炭やガスなどの化石燃料から発生します。

この記事の情報は、The Associated PressのMari Yamaguchiが寄稿しました。

ファイル-2013年8月18日日曜日、ファイル写真、日本の沿岸警備隊の船と船この写真ではなく、日本の活動家の漁船と航海し、日本とDiaoyuがSenkakuという紛争の島のグループで活動家に警告を送信します。 中国、 日本は2021年4月28日、軍部が制御している尖閣島の周りの境界レベルを高めたが、中国の軍艦6隻がこのエリアの近くを通過して偵察ヘリコプターがその地域に向かって飛んで行った後、北京が主張しました。 (AP写真/ Emily Wang、ファイル)

READ  スキー:日本の川村、住吉、ワールドカップで大物ポディウムに仕上げ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close