中国、日本の衛星でより多くのCO2を発見

Estimated read time 1 min read
ロイター
去る火曜日、ドバイで開かれた国連気候変動会のCOP28で水素商用化のための円卓会議が開かれました。

ドバイ – 環境省の衛星データ分析によると、中国は自国の二酸化炭素排出量を過少報告することが疑われています。

環境省は報告書を作成し、年間CO2濃度の増加が中国の排出源やその他のデータに基づく推定値より約1.5〜3倍高いことを明らかにしました。 中国のデータが不正確になる可能性が高いという結論が出ている。

この報告書は、早ければ土曜日にドバイで開かれる国連気候変動会のCOP28で発表される予定だ。

報告書によると、日本の温室効果ガス追跡衛星イブキ(Ibuki)は、2009年から2022年まで、中国の約77,000地域でCO2濃度が年間0.6〜1.2ppm増加することを観察しました。

しかし、化石燃料消費データと各国で報告された発電所の数に基づく国際データベースによると、中国の年間増加率は0.2〜0.8ppm未満です。

読売新聞

また、国防総省は、日本と米国のデータを同様の条件で調査したところ、衛星観測とデータベースの数値に差がないことがわかった。

「温室効果ガス削減目標を設定しても差が出れば意味がない」 [between reported and actual figures] 国土部関係者は「エラーの余地を越える水準」と話した。 「日本は衛星観測を通じてデータの透明性を確保するのに役立ちます」と彼らは付け加えました。

READ  ニュージーランドの静かな地震:科学者たちはホークスベイの海岸で神秘的な「スロースリップ」イベントを捉えます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours