経済

中国、日本の輸出のトップバイヤーに米国追い越し

(Nikkei Asia) – 中国は昨年初めて日本の輸出の20%以上を消費したが、これは主に他の主要な貿易パートナーより速くコロナウイルスが経済に及ぼす影響を振り払うことができないからです。

日本の財務省が木曜日に発表した暫定データによると、中国は2020年に日本の商品15兆8,800億円(1460億ドル)相当の日本商品を持ってきて、2年ぶりに日本の主要輸出国で、米国を跳躍した。

これは、いくつかの日本企業が米国の貿易戦争やその他の不確実性を考慮すると、中国にはあまり依存する危険があるという警告にもかかわらず、発生しました。

中国と米国は、2000年代後半から、日本の主要な貿易相手国で生まれ変わっています。 昨年、中国は輸出全体の22%を占め、米国は18.4%で続いた。

日本の総輸出額は、欧州の需要不振とアメリカの中国の輸出のために11.1%減少し68.4兆円を記録したが2.7%増加した。

注目すべき成長分野の一つは、日本産乗用車に15.9%増の9,103億円を記録しました。 Toyota Motorは昨年、中国での販売台数が約10%増の179万台を記録し、いくつかは、高級Lexusブランドが主導しました。

「中国はCovidから急速に回復した販売が増加しました。」とToyotaの役員が言いました。

自動車部品サプライヤーであるMusashi Seimitsu Industryは、昨年中国の輸出の価値の面で二桁に増やしました。 2020年上半期にスランプが発生したが、6月から回復傾向を見せた。 同社はまた、電気自動車の需要に正常に対応しました。

「私たちの分け前 [of exports] 電気およびその他の自動車販売活発な中国への進出は、今後さらに拡大されます。」とMusashi Seimitsu Industry役員が言いました。

自動車産業は、中国の需要の唯一の受益者ではなかったです。 中国への紙の輸出額は26.6%増加した。 和紙協会の予備データによると、昨年の段ボール材料の出荷量が93%増加した88万トンを記録した。

廃止はカートンを作成するために使用され、中国政府は、このような環境政策の輸入に制限を強化し始めました。 段ボール材料調達に追加された障害物を予見した中国の輸入業者は、海外から多くのことをかけてきました。

日本製紙協会会長兼日本製紙産業会長のToru Nozawaは「今後、中国への輸出が増加します。

鋼も需要があります。 中国は公共事業投資を経済刺激策の中心に置きました。 国内需要の減少に直面しているTokyo Steel Manufacturingは、10年ぶりに中国に鉄鋼輸出を再開しました。

しかし、日本企業は、中国の輸出依存度が高まる危険性について懸念を表明しました。 2010年代に中国に向かう日本の輸出の割合は17%から19%の間を維持した。

した大型自動車部品サプライヤーの中国の事業は、昨年の春、10%から12月に連結売上高の20%以上を記録しました。 この会社は、西欧市場とアジアの他の国からの収入の株式を増やすことを目標にします。

自動車サプライヤーの関係者は、「中国には政治的な干渉など、様々なリスクが存在する」と述べた。

この物語は、 日経アジア

ダウンロード ニュース速報の通知を受けて、外出先でニュースを読むことができるアプリです。

購読者のみが利用できる記事にアクセスしました。

オプションを表示

READ  ASCII.jp:[저렴한 스마트 폰 정리]「Pixel 5」「Pixel 4a 5G」を発表楽天で注目の小型端末「Rakuten Hand "

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close