トップニュース

中国、日本の首相候補に介在しないように指示

東京(教徒) – 火曜日、中国は日本の次期首相候補に日本の内政に干渉しないことを促した。

蔵王出現(Zhao Lijian)外交部スポークスマンは記者に「中国の内政は、外国の干渉を容認することはできない。日本の政治家は、中国の問題を提起することを中断しなければならない」と述べた。

日本の自民党は、今月初めに辞退の意思を明らかにした現自民党代表的な菅義偉(菅義偉)首相の後継者を選出するために、9月29日の予備選挙を実施する予定である。

自民党の大統領選挙は、河野太郎予防接種上の岸田文雄前外相、ダッカ市早苗前通信相3者対決を繰り広げるものと見られる。

岸田首相は月曜日に首相が当選すれば、人権問題に関する特別顧問を任命すると述べた。 これは中国の自治区の人権侵害と香港の民主化運動への弾圧に対抗ためと思われる。

一方、現在までのところ唯一の女性候補である高井値首相になっても、東京の靖国神社参拝を続けると公言している。

READ  Android 11で最も重要なアプデーモンはないスマートフォンを最大20%短縮する「Go Edition」でしょう|ギズモ・ジャパン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close