中国、日本を抜いて世界1位の自動車輸出国など劇

Estimated read time 1 min read


BBC: 中国は今年最初の3ヶ月ぶりに日本を抜いて世界最大の自動車輸出国になったと明らかにしました。 先週発表された公式数値によると、中国はこの期間中に107万台の自動車を輸出しており、これは2022年第1四半期に比べて58%増加した。 同時に、日本の自動車輸出は前年比6%増の954,185台を記録しました。 。
中国海官総書によると、中国は2022年に320万台の車両を輸出し、ドイツは260万台を輸出した。

電気自動車を含む新エネルギー車(NEV)の第1四半期の輸出は、前年同期比90%以上増加した。

SAIC – MGブランドの所有者 – ベテランアメリカの投資家Warren Buffettの支援を受けているBYDとTeslaの中国支店は、中国NEVのトップ輸出業者の1つです。
Elon Muskの電気自動車メーカーは、日本とヨーロッパを含む地域に輸出する上海に巨大な製造工場を持っています。
テスラの「ギガファクトリー」は現在、年間125万台の車両を生産する能力を備えており、今後の生産能力をさらに増やす計画だ。
先月はカナダの輸出用のモデルYスポーツユーティリティ車両を作り始めました。

中国はまた、西部諸国がモスクワに貿易制裁を加え、ウクライナ戦争が始まった後、ロシアへの輸出が急増することを目撃しました。
昨年、地理(Geely)、チェリー(Chery)、万里の長城(Great Wall)を含む中国の自動車メーカーは、フォルクスワーゲン(Volkswagen)とトヨタ(Toyota)を含む競合企業がウクライナ侵攻後にロシアから撤退した後、ロシア市場シェアが急増しました。


READ  JETRO、ドバイ店舗とコラボレーションし、現代日本製品を披露
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours