スポーツ

中国、日米首脳会談控え、日本の警告

中国の外相は来週、日米首脳会談を控え、中国に対応するため、米国との協力しないよう、日本に警告した。

王が中国外交部長官は月曜日の夜、日本側の電話で両国関係が「いわゆる主要国間の対決に関与しないようにしなければならない」と、中国外交部声明で明らかにした。

王の言葉を引用し、「中国は独立国として日本が中国に対する偏見を持っているいくつかの国に誤解されている代わりに、客観的かつ合理的な方法で、中国の発展を眺めることを願う」と述べた。

米国の主要海軍と空軍基地を主催する近い米国の同盟国である日本は、中国の軍事力増強のために、米国の懸念と南シナ海と東シナ海の領土の主張を共有します。 しかし、中国の主要な貿易と投資利益は時々より大きな隣人に対する批判に抑えました。

菅義偉日本の首相は1月の就任以来、米国トップの初対面の首脳会談で、4月16日ジョー・バイデン大統領に会うために、ワシントンを訪問します。

バイデンはフルタイムドナルド・トランプとは異なり、米国が浮かぶ中国との競争を準備しながら、欧州、アジアの同盟国との関係再構築を強調した。

茂木豊島みつ、日本外相は、中国の腎臓地域と香港の人権問題を提起しました。 彼はまた、中国が東シナ海で主張する日本が制御する無人島周辺の海域で、中国の存在のために、日本の抗議を繰り返した。

王は、腎臓と香港の中国の内政に対する日本の干渉に反対したと、中国の声明は述べている。

シュガーは、今週初めに日本がこの問題について、米国と協力すると述べた。 中国は自治道を中国が支配する必要があり、家出地域とみなされます。

中国、米国とその同盟国に信号を送信します。 最近の訓練の訓練のため空母グループを、台湾近海に送られた。

READ  G-7、「公平な世界のワクチンアプローチを誓うが詳細は不足している| 世界のニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close