中国、米国の同盟国である韓国、日本と安全保障、事業議論

1 min read

投稿者:シン・ヒョンヒ、カタール・ゴールヴコワ、エドゥアルド・ボブティスタ

ソウル/東京/北京(ロイター) – 李昌中国首相が日曜日、ユン・ソクヨル韓国大統領と外交安保対話および自由貿易​​会談の再開に合意し、岸田文夫日本首相と台湾周辺の緊張問題を議論した。

首脳らは4年余りでアジア3国の初首脳会談を一日控えてソウルで量子会談を行いました。

中国とアメリカの同盟国である韓国と日本は、中国とアメリカの競争と台湾を取り巻く緊張の中で高まる不信を管理しようとしています。

月曜日の三国首脳会談に対する期待は低いが、長年にわたり悪化した関係以来、握手でさえも少なくともある程度、高級外交を維持するのに役立つだろうと外交官と管理者は言う。

ユン首相は、李首相にロシアのウクライナ侵攻、イスラエル – ハマス紛争、グローバル経済不確実性などを述べ、韓国と中国が相互の尊重に基づいて共同利益を促進するだけでなく、共同の課題を解決するための地域およびグローバル問題でも協力しなければならないと言いました。

ユン首相は会談が始まると「今日のグローバル複合危機の中でも両国協力を強化し続けることを希望する」と話した。

ユン委員長は、特に北朝鮮が継続して核ミサイルを開発し、ロシアと軍事協力を強化する状況で、中国が国連安全保障理事会常任理事国としてより大きな役割を果たすことを要請した。 大陸間弾道ミサイル(ICBM)技術を活用した別の偵察衛星発射が差し迫った。

李首相は、ユン委員長に、自国が経済および貿易問題を政治または安全保障問題に転換することに反対し、安定したサプライチェーンを維持するために努力しなければならないと中国の官営神話通信が報じた。

李首相は中国は、高度な製造、新エネルギー、人工知能、生物医学などの分野で協力を強化する準備ができていると述べた。

彼は、中国は市場へのアクセスをさらに拡大し、外国人投資に対する保証を強化し、より多くの韓国企業が中国での事業を歓迎すると述べた。 イ・ジェヨンサムスン会長との別の会議で、李首相はサムスン電子が中国への投資を増やすことを奨励しました。

近年、中国の指導者と外交官は、米国と同盟国が半導体産業を対象とした輸出管理をめ​​ざして、これらの国々に「国家安全保障の概念の過度の拡大」を中止するよう要求することをしばしば非難してきた。

2021年以来、中国企業と国営機関は世界最高レベルのチップへのアクセスがますます遮断されており、これらの多くはサムスン、SKハイニックスなど韓国の巨大技術企業が生産しています。

李首相は、「平等な会話と本当のコミュニケーション」を通じて、「共感帯を構築し、相違点を解決する」ための継続的な努力を希望しました。

実質的な協力

3人のリーダーは、多文化合唱団とバンドが伝統と現代の歌を演奏する夕食に出席し、メニューには3つの国の株式である豆腐、餃子、味噌が含まれていました。

尹首相は岸田首相とは別に会談で日本との外交・経済・文化交流進展を評価し、来年韓日国交正常化60周年を迎え、両国関係をさらに深化していくことに合意したとユン総理室が明らかにした。

岸田首相も李首相とは別に会い、日本と国際社会に台湾海峡安定の重要性を強調した。

李首相は岸田に「日本が台湾のような問題をきちんと処理してほしい」と話したと中国国営CCTVが報道した。

岸田首相は会議が終わった後、記者らに日本が福島原子力発電所で処理された排水を太平洋に放流し始めた後、賦課された日本のシーフード輸入禁止措置を解除してもらうよう中国に要請したと話しました。

また、中国に抑留された日本国民の早期釈放も要請した。

CCTVによると、中国と日本は適切な時期に新しい量子高級経済対話を開催することに合意した。

3つの近隣諸国は2008年から年次首脳会談を開催することに合意したが、両国間の不和とコロナ19の伝染病によりイニシアチブが中断され、最後の三者首脳会談は2019年末に開催されました。

ユン議員、李議員、岸田議員は経済貿易、科学技術、人的交流、保健、人口高齢化など6つの分野に対する共同声明を採択する予定だ。

今回の首脳会談は、韓日両国が中国との競争が激化する中、米国とも韓日三者安保同盟を深化する一方、歴史的葛藤で散らばった関係を改善するために努力している中で実現した。

中国は、以前に米国が韓国と日本との関係をさらに強化する努力が地域の緊張と対決を煽る可能性があると警告している。

韓国と日本は台湾海峡の現状を強制的に変える試みについて警告し、中国は火曜日にライチンダー台湾総統の就任式に韓国と日本国会議員が参加することにした決定を非難した。

(ソウルのシン・ヒョンヒとキム・デウン、東京のKatya Golubkova、北京のEduardo Baptista取材;ソウルのJosh Smithと東京のKyyoshi Takenakaの追加取材;編集:Sonali Paul、William Mallard、Tomasz Janowski)

READ  日本の鳥インフルエンザ危機に卵が贅沢になる
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours