経済

中国、経済逆風の中でGDP成長率約5.5%減速目標

土曜日、中国は広大な不動産部門の低迷と消費不振を含む国内の逆風が世界2位の経済規模に対する見通しをぼやけさせることで、今年約5.5%の経済成長鈍化を目指しました。

昨年、国内総生産(GDP)は8.1%成長し、10年ぶりに最高値を記録し、コロナ19で打撃を受けた経済に対する輸出好調とファンデミックが始まった2020年の低統計基盤のおかげで、政府目標である6%以上を超えた。立った。 世界中に広がります。

しかし、経済状況が緩和し始めたとき、中央銀行は金利を引き下げ始め、地方政府はインフラの支出を加速し、財務省はより多くの減税を約束した。

李克强中国首相は20日、中国人民大会堂で開かれた年次総会で「国内外の発展するダイナミズムを総合的に分析した結果、今年、韓国はさらなるリスクと挑戦に直面し、我々はこれを克服するために努力し続けなければならない。する」と言った。 人民大会堂。

「今年の事業で経済安定を最優先課題とし、安定を確保しながら進展を追求しなければなりません。」

経済に負担をかけるのは、負債の多い開発者間の借り入れを制御するための政府キャンペーンによって誘発された不動産の下落です。 流動性の連続的な緊縮はセクターを圧迫し、バイヤーの心理を冷却しました。

昨年、中国全土での散発的なCOVID-19の発症とデルタとオミクロンの変種の出現は、強力なコロナウイルス対策が産業と宿泊セクターを強打するにつれて、成長への障害をさらに確立しました。

中国は2022年の財政赤字目標を国内総生産(GDP)の約2.8%に設定し、これは昨年目標であるGDPの約3.2%と比較される。

消費者物価指数目標は約3%に変わることはなかった。

地方政府特別債権発行限度は2021年と同じ3兆6500億元(5780億ドル)に設定された。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本とCPTPP交渉における食品輸入禁止の問題避けられない: 大臣

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close