中国、3年間の厳しい統制の末、香港との国境開放

1 min read


香港
CNN

中国政府は、コロナ19の拡散を防ぐために香港が閉鎖されてから約3年ぶりの1月8日、香港との国境を再開すると発表した。

ジョン・リー(John Lee)香港行政大臣は、北京の発表に続き、木曜日のメディアで最大6万人の香港住民が国境管理支店の漸進的な再開が始まると、国境を越えて本土に入ることができるようになると述べた。

この変更により、香港から本土に移動する旅行者の義務検疫が削除されます。 すべての旅行者は、48時間以内にPCR検査によってコロナ19音声判定を受けなければならず、乗客クォータは双方向旅行に適用されます。

発表された再開は、中国が国際線到着の検疫要件を撤回し、大流行が始まった後に施行された航空会社に対する複数のコビッド制限を撤廃する同日です。

こうした変化は、全国的なデモに続いて北京が息を呑むようなコビド統制を突然解体する中で行われた。 本土の明白な再開は、香港との定期的な乗り換えを再開する努力が繰り返し遅れた3年間の自己課税された世界的孤立の後に来たものです。

2020年初めから、香港と中国本土の間の以前の忙しい国境検問所の大部分が閉鎖され、両国関係のある家族や企業に大きな負担となりました。

クォータには3つの陸路検問所を通って旅行する50,000人が含まれ、残りの10,000人は香港国際空港、2つのフェリー桟橋、香港-珠海-マカオ大橋を通って旅行する人のためです。

この限度は、本土から香港に戻る香港の居住者や香港から本土に戻る本土の中国人には適用されないとLeeは語った。

テストに加えて、一部の旅行には事前予約が必要です。

中国国務院の声明によれば、香港と近隣のマカオから中国本土に向かうフライトが再開され、乗客収容人数制限が解除されます。 フライトの数は「段階的かつ秩序ある」増加すると声明は述べました。

中国本土と香港とマカオの間の陸上および海上の国境管理支店も「段階的かつ秩序ある」再開になります。

中国はまた、香港を旅行する中国本土の居住者に観光およびビジネスビザの発行を再開すると発表した。

READ  コビッド:バイデンはオミクロンの変種に勝つべきだと言います。 アメリカニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours