経済

中国、TPP自由貿易協定に参加申請書の提出



新華社通信が公開した写真で習近(習近平)中国国家主席が2021年9月9日、中国北京でビデオリンクを介して第13回BRICS首脳会議に出席した。 (Huang Jingwen / Xinhua via AP)

北京(教徒) – 中国がアジア太平洋地域の貿易に大きな影響を与える措置として環太平洋経済連携協定(Trans-Pacific Partnership)の自由貿易協定(FTA)の加盟国になるための申請書を提出したと商務省が木曜日発表した。

しかし、中国が11の加盟国の全会一致の承認を受けなければならため、正式に環太平洋経済連携協定に知られている自由貿易協定に参加することができるかどうかは不確実である。

中国TPP参加しようとは外交で多国間主義を優先するバイデン米政府が条約復帰について慎重な立場を維持しながら、アジア太平洋地域での影響力を高めようとする試みとして見られる。

中国がTPPに参加すると、参加国の国内総生産(GDP)が世界のGDPの約30%を占めるようになるが、これは現在の加盟国の10%以上です。

2017年1月に米国が脱退した貿易協定は増加する中国の経済的影響力に対抗するためのもので、広く知られています。

既存のTPP会員は、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムです。

中国外務省によると、ワンウェンタオ中国商務長官とデイミオンオコナー、ニュージーランド通常の輸出長官は電話で必要な手続きを議論した。

昨年11月に習近(習近平)中国国家主席、アジア太平洋経済協力会議(APAC)首脳会議でTPP参加を真剣に検討すると述べている。

去る3月、中国政府は、日本、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国などアジア太平洋の15カ国が昨年署名した世界最大の自由貿易協定(FTA)を公式批准した。

域内包括的経済パートナーシップには、ASEAN、オーストラリア、中国、日本、ニュージーランド、韓国が含まれます。 ASEANグループはブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムです。

ドナルド・トランプ元米国大統領が「米国優先主義」(America First)議題に応じて保護貿易主義貿易政策を推進し、アジア太平洋地域を分断していると批判していた中国が域内影響力を強化するために努力している外交専門家が伝えた。

TPPの主要経済国である日本は、高レベルの規則を遵守することが、中国が自由貿易協定に参加するための交渉に入るための前提条件になると言いました。

日本のような、いくつかの先進国に比べ、中国は市場アクセスの自由化に遅れているのに対し、アジアの経済大国は、TPP加盟国​​が共有する基準を満たすように国営企業に対する優遇措置と国庫補助金改革などの障害物に直面している。

READ  日本経済の回復にポンド日本円(GBP / JPY)為替レート»未来通貨の展望

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close