スポーツ

中国「米国外交不買運動はオリンピック精神に反する」

北京 – 火曜日、中国は、人権問題で管理を送らないことにしたバイデン政権の決定に対する激しい議論の中で、米国が2月の北京冬季オリンピックに対する米国の外交的ボイコットを宣言することによってオリンピック精神に違反したと非難した。

Zhaoは、ボイコットは「オリンピック憲章によって確立されたスポーツの政治的中立原則に真剣に違反し、「より団結する」オリンピックモットーに違反している」と述べた。

「アメリカは慣行に対する対価を払うでしょう。 フォローアップを続けてください。」とZhaoは言った。

彼の発言は、月曜日のバイデン政権の発表に対する中国の批判があふれる中で出てきた。

Jen Psakiのホワイトハウスのスポークスマンは、月曜日の記者たちは、政権がオリンピックに参加するアメリカの選手を完全に支援しますが、米国外交官や管理に出席するように派遣しないと述べました。

Psakiは、米国は「人権の推進への根本的な約束」を持っており、米国は「ゲームのファンファールに貢献しないだろう」と述べた。

外交的ボイコットは、米国が台湾、香港、南シナ海に対する中国の行動と少数民族、特にイスラムウイグル族に対する待遇をめぐって貿易と葛藤に対して強硬な立場を維持しながらも、中国との激しい関係を安定させようと試みて出てきた。です。

中国は、米国の批判と懲罰的制裁に対して内政干渉と非難し、反中国とみなす米国政治家に対するビザ禁止措置を講じた。

同氏は、米国がスポーツを政治化するのを中断するように促し、北京冬季オリンピックを毀損する行動だと述べた。

ワシントン駐在中国大使館は、ツイッターを通じてボイコットを促す政治家たちが「彼らの政治的利益と態度のためにそうすることだ」と明らかにしました。

大使館は「事実、これらの人々が来ても来なくても誰も気にしないだろうし、#Beijing2022が成功的に開催されるにも何の影響もない」と話した。

国連に対する中国の使節団は、ボイコットを「自己主導的な政治的喜劇」と呼んだ。

それと共に「米国はスポーツを政治化し、分裂を助長し、対立を挑発したいだけ」と話した。

執権共産党の不透明で悪名高い中央機率検査委員会もウェブサイトに「オリンピック憲章の精神は変質できない」という長文の形式で回答を出した。

記事は「一部西方の反中政治家」が「スポーツ政治化を目指す冷戦の防御的思考方式を見せた」とし「明らかなオリンピック精神に対する違反であり、オリンピック運動を愛するすべての人に対する挑戦」と批判した。

ワシントンがどのような管理を行ったのかは明らかではなく、月曜日にZhaoは、中国が招待を延長していないと述べた。

他の主要国は、米国の主導に従うかどうかはまだ話していません。 岸田文雄日本首相は11日、「オリンピックの意味と外交の意義を勘案し、国益の観点から自ら決定するだろう」と話した。 これが我が国の基本姿勢です。

松野宏和官房長官は、外交的ボイコットが何を意味するのかは明確ではなく、参加するかどうかの決定は「適切な時期に」行われると述べた。

松野事務総長は「とにかく日本は北京冬季オリンピックがオリンピック・パラリンピックの原則に従って平和の祭りで開催されることを希望する」と話した。

チェ・ヨンサム外交部スポークスマンは「外交部は他の国政府の外交的決定」についてコメントがないと米国側で外交官派遣をしないよう要請も受けなかったと話した。

韓国は北京オリンピックが「東北アジアと世界の平和と繁栄に寄与し、南北関係の改善に役立つことを希望する」と話した。

ニュージーランドは火曜日の外交レベルでオリンピックに出席することはありませんが、ほとんどが感染症の旅行の制限のために早く決定したと言いました。

グラント・ロバートソン副首相は、ニュージーランドが昨年10月、中国に政府長官を派遣しない計画だと話したと話した。

ロバートソン首相は「しかし、我々は人権問題に対する懸念を何度も中国に明らかにした」としながら、低身だったアダン首相が習近平中国国家主席に直接このような懸念を提起したと付け加えた。

中国との関係がますます緊張しているオーストラリアは、先輩を送るかどうかについてまだ話していません。

各オリンピックに上級レベルの代表団を派遣することは、米国と他の主要国の間で長い伝統でした。 当時、ジョージ・W・ブッシュ大統領は2008年北京夏季オリンピック開会式に出席しました。 イギリスのジル・バイデン(Jill Biden)氏は、今年の東京夏季オリンピックにアメリカ代表団を率いて、パラリンピックには2番目の神社であるダグ・エムホフ(Doug Emhoff)が代表団を率いました。

READ  デトロイトタイガース、前MLB左翼ロビーロスとマイナーリーグ契約を締結

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close