世界

中国が東南アジアに売りつける「中国産コロナウイルス」受賞の背景中国では、不正なのにしきりに輸出| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

欧米で新型コロナウイルスのワクチン接種が開始された。 一方、中国でもワクチンの開発が進められており、一部の国では、中国産のワクチン接種が開始されている。 しかし、このワクチンは、国内ではまだ承認されていない。 中国はなぜそこまでワクチンの輸出を急ぐだろうか。 ジェヨン記者酒井元美氏がレポートする – 。

写真= AA /時事通信フォト

バーレーンマナマで、中国の製薬会社シノファームが開発した新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける男性= 2020年12月19日

中国での不正が、UAEで先行承認

新型コロナウイルスをめぐり、英国で2日、米国ファイザーと独島雨テックが共同で開発したワクチンが世界初の承認は既に10万人を超える市民が1回目の接種を終えた。 続いて、米国モデルルナ第ワクチンについて、米国食品医薬品局(FDA)が緊急使用を許可した。

一方、中国でもワクチンの開発が進められている。 現在までに、中国国外で5種類のワクチンの臨床試験が実施されている。 その中シノパーム第ワクチンは12月9日、アラブ首長国連邦(UAE)で、世界初の正式承認された。

「世界初」は、中国でも承認されていないものである。 シノパーム社はUAEでの臨床試験を7月に実施した。 9月にはすでに緊急使用の承認をUAE政府からインストールした。 UAEでの臨床試験では、「86%の効果が確認された」とされている。

インドネシアは120万回を輸入したが、…

中国は、このような「ワクチン外交」に積極的だ。 たとえば死者感染者数が東南アジア最大のインドネシアは12月中に中国のシノバックしたワクチン120万回分を輸入。 また、1月以来180万回が到着する段階とする。

中国産ワクチンの安全性を懸念する声も広がっているが、インドネシアのジョコ緯度も大統領は、「自らが予防接種の第1号になる」と、国民の動画でアピール不安フルダフルダにしようとしている。

東南アジア各国における中国の存在は外交的に非常に敏感な存在である。 中国は南シナ海の領有権を主張する「球団線」を設け、また、人工島「空港」を設置するなど、存在感を高めている。

インドネシアも例外ではない。 最近も、中国漁船が、インドネシアの排他的経済水域(EEZ)に侵入する問題があった。 しかし、ルー遠野・マルスディ外相は「中国とワクチンの協同は、政府の南シナ海政策に影響を与えるものではない。それとこれとは別の話」と明らかにした。 ワクチンの導入を積極的にするという立場を明らかにした。

READ  部品の70%を外部に依存するトヨタが「数時間分の在庫 "しか持たない理由"常駐危機」が技術力を強化| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close