Tech

中国で新型コロナの情報共有にGitHubが使われている – GIGAZINE



ソフトウェア開発プラットフォームであるGitHub頑張ってによるバージョン管理下のソースコードをホストすることができます。 そんなGitHubは、情報の検閲が厳しい中国でアクセスすることができる数少ないプラットフォームであるため、政府当局の検閲対象となる新型コロナウイルス感染(COVID-19)の関連情報が大量に保管された中国人の貴重な情報共有のソースがあります。

中国でGitHubはCovid情報のための自由発言エリアです-Slashdot
https://yro.slashdot.org/story/20/09/10/1735241/in-china-github-is-a-free-speech-zone-for-covid-information

2020年1月にCOVID-19が中国で流行の兆しを見せてたときに、博士課程の学生であるWeilei Zeng氏は、カリフォルニア州にあるアパートで、オンライン上でCOVID-19の流行状況を見ていました。 故郷である中国から遠く離れた米国に住むZengさんは隔離された患者の日記や過密病院映像ウイルスを警告したことで「風評被害」と批判しCOVID-19で生命を落とした若い医師ニュースなどを、中国のソーシャルメディアをを通じていちいちチェックしていたそうです。

しかし、ある日突然、それまでアクセスすることができたリンクが404エラーコードを吐いて見ることができなくなったもの。 中国はFacebookやTwitterなど、世界的に使われているソーシャルメディアプラットフォームは、アクセス禁止され、WeChatやWeiboなどの中国向けソーシャルメディアも政府によって厳重に監視されています。 インターネットにあったCOVID-19の関連情報は、政府の検閲によってほとんど除去されてしまったことです。


そんな中、中国の技術産業に大きな影響力を持つGitHubだけ、中国国内での使用が可能でした。 GitHubeでトラフィックが暗号化されているので、政府当局も、個々のプロジェクトを点検することができません。 したがってGitHubは、中国国民に数少ない「聖域」となっており、オンライン上で展開されている反政府運動のプラットフォームとしても活用されています。

大学の研究プロジェクトでGitHubを使っていたZeng氏はGitHubの「2020nCovMemory」というストアに検閲によって消滅したニュースや医療記事がまとめていることを知りました。だから、Zengさんもソーシャルメディアでの個人の投稿とのインタビューをクリーンアップ “2020nCov_individual_archives」を立ち上げ、維持とCOVID-19の関連情報の収集と保存に努めました。


しかし、2020年4月、中国武漢市でロックが終わっ中国が “COVID-19の拡散は、すでに制御下にある」と発表した後、2020nCovMemoryはGitHubで突然消えました。香港の日刊紙であるサウスチャイナ・モーニングポストによると、2020nCovMemoryを開始した3人のユーザーは、すべての警察によって拘禁、行方不明されているそうです。

記事の作成時点では2020nCov_individual_archivesはGitHubから削除されずに残っています。 Zeng氏は「境界線を越えずに許容範囲ギリギリまで活動を続けています。個人の投稿を保持することは、政府への抵抗行為だろうか?その線引きがどこにあるかは決して知ることができないと思います」とコメントした。

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
中国政府は、企業の海外データの提供を要求したのは、なく、今後もニーズ場合外相発言 – GIGAZINE

中国政府が、ノルウェーの「香港民主化デモ活動家でノーベル賞を与える」と警告 – GIGAZINE

中国が台湾の市民の個人情報を狙っていると政府が発表 – GIGAZINE

中国での台湾まで7時間にわたって水泳切っ男が現れるの目的は、「中国の政治から逃げ」 – GIGAZINE

中国の「すべてを監視するシステム」は、AIによってどの進化を遂げるだろうか? – GIGAZINE

READ  デッキ構築のログライト」Destiny or Fate」Steamで期間限定で無料配布中。 日本語にも対応| AUTOMATON

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close