世界

中国とロシアは2006年以来初めて国連の対北朝鮮制裁に拒否権を行使した。

今回の措置は今年、北朝鮮の12個以上の弾道ミサイル試験発射以後に出たもので、すべて以前の国連決議に違反し、米国管理者はこれに対してまた別の国際的対応が必要だと主張した。

決議案は、国連安全保障理事会で採​​択されるためには、ロシア、中国、フランス、英国または米国常任理事国の「賛成」9票と拒否権なしが必要です。 安全保障理事会の他の13の理事国は、決議案を採択することに投票しました。

リンダ・トーマス・グリーンフィールド国連駐在米国大使は、2006年以降に行われた以前の9つの制裁投票を妨げなかったロシアと中国の拒否権を猛烈に非難し、北朝鮮の武器プログラム脅威の深刻性は変わらなかったと述べました。

米大使はこの日の声明を通じて「15年ぶりに国連安全保障理事会加盟国が北朝鮮の不法拡散に対する責任を問う国連安保理の責任履行を中断させるため拒否権を行使した」と明らかにした。 アメリカ、日本、韓国を代表します。

「今日の拒否権は危険です。今日、その加盟国は、彼らが約束した安全保障理事会の以前の措置を損なうだけでなく、私たちの集団安全保障も毀損する立場を取っています。」

トーマス・グリーンフィールドは、国連本部で開かれた会議で次のように付け加えた。 」

北朝鮮、今年少なくとも16回ミサイル試験発射… 最新の水曜日、3発のミサイルを発射した時。 今年の北朝鮮の少なくとも1つの試験は、米国本土を打撃することができる大陸間弾道ミサイルと見なされました。

国連駐在中国大使は、北朝鮮に対する新しい制裁が武器プログラムを中断することなく、代わりに実験レベルを高めることができると主張した。

新しい制裁はまた、北朝鮮の人道的状況に追加の圧力を加えることができます。 コロナ19ファンデミックの影響セリフZhang Junは言った。

ロシア大使も拒否権を行使した理由で北朝鮮のコロナ19状況を挙げた。

バシリー・アレクセエビーチ・ネベンジャ国連駐在ロシア大使は、投票後に翻訳された論評で「対北朝鮮制裁圧力を強化することは、無用物であるだけでなく、そのような措置の人道的結果により非常に危険だ」と述べた。

ネベンジャ長官は、過去15年間、対北朝鮮制裁の圧迫は効果がなかったと述べました。

Vasily Alekseevich Nebenzyaロシア大使は木曜日の国連で演説しています。

ロシア大使は「2006年から対北朝鮮制裁決議案が多く採択されたが、歴史が示すように、まだ制裁のパラダイムが域内安全保障を保証したり、ミサイルと核不拡散問題を解決できずにいる」と話した。 言った。

投票を控え、中国とロシアは米国に安保理決議案草案を提出する代わりに大統領声明を発表するよう促した。

しかし、アメリカ大使のThomas-Greenfieldは、中国とロシアは北朝鮮に対する新しい制裁について議論するために開かれていないと述べた。

「私たちは9週間この決議案の草案を回覧しました。その間、この決議を拒否した国々は、協議中の包括性と柔軟性に対する私たちの約束にもかかわらず、テキストへの参加を拒否しました」と彼女は言いました。

READ  ブラジル委員会、ボウソナルに対する刑事起訴勧告に賛成票決

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close