経済

中国と台湾の間に沈んだ日本の島々

「中国はこの島を台湾侵攻の基地として使用することができます。 天才になる必要はありません。 機関銃で兵士10人を乗せてパラシュートに乗って全人口を人質にとらえばいいのです。 (中国)私たちの空港にミサイル発射台を配置し、沖縄本土を目指すことができます。」

「ロシアがウクライナを侵攻すると予想した人は誰もいませんでした。 アメリカはすでに中国が台湾を掌握するために何かをすることができると言っています。 私たちは7、8年間、これについて非常に懸念してきました。 30年前に住むためにこの島に戻り、沖縄(本島)とこの島の間に私たちを守ることができるものは何もないことをその時悟りました。

2016年、島の住民をひどく分裂させた激しい公開討論の後、日本は160人の自衛隊エージェントを島に駐屯させました。 海岸監視をしており、ミサイル発射能力はないが、政府は来年電子戦部隊を配置して作戦を強化している。

Itokazuは、東京が島への防衛力をさらに強化したい場合は抵抗しません。 「ここが戦場になれば1646人が避難しなければならず、避難計画が必要です。」

建物の防御

日本政府は東シナ海の緊張高揚に対応し、与那国島だけでなく南成島の他の大きな島にも防御を強化しています。 米軍海兵基地移転計画をめぐり、地域本島沖縄の首都沖縄で激しい政治的議論が繰り広げられた。。 一方、近隣観光地石垣島にはミサイル発射基地の建設が進行中である。

日本は第二次世界大戦後に実施した平和主義的国防政策を全面改編し、中国の影響力拡大に対応するため、この地域で米国、オーストラリアと協力することにより、より積極的な役割を遂行する準備をしている。 今週、岸田文夫首相に国防戦略検討提案が提出され、日本は敵の基地を攻撃するのを防ぐ制限を解除することを検討しています。

「心理的な変化があり、日本はついに自分自身を守るために戦わなければならないという事実に気づきました。 日本戦略研究フォーラム(Japan Forum for Strategic Studies)の上級研究員であるグラント・ニュースハム(Grant Newsham)は、「中国が大きな責任を負っており、ウクライナに彼らを怖がらせた」と述べた。

オーストラリアで5月21日の選挙の勝者は、その月末に東京でジョーバイデン米大統領と一緒に岸田に会う可能性が高いです。 ホワイトハウスは木曜日5月24日、4者間の安保対話(Quad)首脳会議が開かれると明らかにした。

日本の防衛能力強化はまた、日本が尖閣と呼ばれ、中国がディアオユと主張する与那国(Yonaguni)から北にわずか160km離れた無人島クラスターを囲む日本領海に進入する中国海岸警備隊船舶の数が増えるにつれて誘発された。

「尖閣の近くで操業する私たちのボートの1つは、過去2年間で中国のパトロールに定期的に嫌がらせされました。 私たちの協同組合のほとんどはそこで釣りをしません。

武西重則は地域漁業協同組合の首長だ。

家族が3代目この島で生きてきた59歳の武西氏は、地元の漁師たちが、コウノトリ、鯛、黄樽を捕まえて生計を立てていく地元漁場で中国の干渉を懸念していると話しました。

「もちろん、私たちは(尖閣について)怒っていますが、それは日本政府ともっと関連しています。 彼らが島を主張しているなら、実際に島を主張するためにもっと多くのことをする必要があります。 私の心配は、日本政府が今やっていることを続けている限り、中国政府がこれを実質的に制御したいということです。

日本のアトランティス

米国と沖縄の他の149の島は、第二次世界大戦中にアメリカが占領し、1972年に日本の統治に返還されました。 この島の孤立した場所は、台湾との経済と交通の接続を増やすための地域の議員の努力にもかかわらず、数十年の間に人口が減少していることを意味します。 、石垣の最も近い日本のハブよりも近い。

劇的な崖、亜熱帯林、土着馬、地形に似た険しい島 ジュラシックパーク 映画は日本で最も魅力的だが開発されていない観光地の一つです。 訪問者のほとんどは、シュモクの群れと「日本のアトランティス」として知られる水中遺跡に魅了されたスキューバダイバーです。

田中忠之(50歳)は東京を離れ、米国で漁師になりました。

高校がないので、多くの子供たちが15歳前後に本土に留学を去り、少数の人々だけが戻ってきます。 この島は最近、漁師である田中修子のように、変化を模索する東京の少数の事務職労働者を集めました。 彼は「人生は大変だが面白い。 田中は、中国の船舶や問題が発生するのを恐れて、尖閣島近くの海を避けると言います。

それでも、地元のスーパーマーケットで働いている77歳の咲原宏子は、「私が最も心配しているのは、島に大きな病院がないため、老いて病気です。 彼女の父親は、1972年の尖閣列島に対する日本の領有権の主張を理解するために米国が支援した遠征隊の一員でした。

多くの人々がSFDのスタッフとその家族の到着を歓迎します。 彼らは人口を増やし、サービスやインフラのためのより多くの本土資金を引き付けるからです。

71歳の有浜リエコ(Rieko Arihama)は、揚げ物を提供し、「島に防衛エージェントを置くことに反対する人がいましたが、彼らがここに来たら、私たちは彼らに親切で彼らはコミュニティの一部になりました」と言います。 島の数少ないレストランの1つでチキンと麺を味わう。 彼女はレストランの裏側にある自分の家を3人の日本防衛軍下宿人たちと一緒に書いているが、彼女は「礼儀正しく問題はない」と話しました。

目標の心配

他の人々は、軍隊の駐屯が彼らの島を目標とすることについて深刻な懸念を抱いています。 「私たちはここで平和を望んでいます。 戦争が発生すると、ここにレーダーがあります。 戦っているなら、最初に誰かの目と耳を抜くことなので、私たちが介入するでしょう。」

64歳の千代は、2016年の動きにつながった政治的タイムラインを記録した地図とメモを調べ、家族が何世代にもわたって住んでいた島の未来について明らかに怒っていました。

海岸沿いの彼の家できれいにまとめられた事務所には、ファンデミック以前に彼が近隣台湾との経済・交通関係を強化するためにロビーを繰り広げた何度も台北旅行の写真やお土産が並んでいます。

米国議員の田里千代。

Chiyokiは、島の住民の利益が島全体の地方政府選挙のための中央日本政府の「分割征服」戦略に置き換えられたと信じています。 自民党の支持を受けている候補者が現在、多くの地方議会または議会を掌握しています。 しかし、沖縄知事のデニー・タマキ(Denny Tamaki)は、県に米軍が駐留することを露骨に批判しています。

亜熱帯ジャングルの曲がりくねった道に沿って少し行けば、東芝沙本は島の3つの醸造所の1つで酒瓶を詰めるために忙しい。 島の不確実な未来にもかかわらず、57歳の彼は1927年に開業して以来、家族が運営してきた事業を維持し続けることにしました。 彼の二人の息子は、彼が引退したときに引き継ぐために訓練されています。

「中国が台湾と問題があり、緊張が懸念されていることを知っていますが、個人的には中国が来て米国を買収すると信じられません。 ここは戦略的にそれほど重要ではない」と話した。 「島にミサイル基地があったら、物語は変わったでしょう。 」

しかし、彼はロシアがウクライナを侵攻して以来、島の住民がさらに緊張するようになったと言いながら、中国が台湾を侵攻するかどうかについての議論が再び火がついたという。

飛行機で30分の距離にある石垣島の大きな島では、3月に開かれたときに何百人もの軍隊を駐留させる対空ミサイル基地の建設が進行中です。

火線から

この地方政府は、日本の4番目のミサイル武装基地の設立を支持しており、この基地が島を保護し、経済を扶養すると述べた。 しかし、建設現場からわずか200m離れた場所に住む村人たちは、このプロジェクトが彼らの平和な田園生活を破壊し、日本の敵のための座っているアヒルに変わったと言います。

「日中の紛争が発生したら、私たちが最初の目標になると思います。 紛争が発生した場合、私たちは犠牲になるでしょう。」

日本の沖縄県石垣で働く地元パイナップル農家Shingen(R)とLeo。

建設現場の約20台の建設クレーンが、2人の息子と他の労働者が最近収穫したものをトラックに載せているパイナップル畑で見ることができます。 コンクリートトラックや他の車両のマトリックスが時間内に現場に入ります。 AFR週末 写真を撮るために停止します。

「彼らは私たちの同意なしにこの基地を建設し始めました。 私たちに何が起こるのかわかりません。 ここで生き続けなければ一つ悩みになるが、この土地が私たちの生計手段なので選択の余地がない」と話した(54)。

名前を明らかにしたくない81歳の彼の母親は、妹が死亡した沖縄での第二次世界大戦の記憶が残り、歴史が繰り返されるかと心配すると言いました。 「朝晩、日本と中国の間で戦争が起こらないことを祈ります」と彼女は言います。

他の島の住民は、中国が台湾を侵攻するようには思えないが、米国が東京にもっと対立的な立場を取るように煽る。

「ウクライナが示すように、状況を葛藤に拡大することは誰にも役に立ちません。 中国はまだ私たちの貿易パートナーです。 QuadやAUKUSの枠組みで軍事化して状況を解決したいですか? 基地を止めようとするキャンペーンに失敗した石垣議員長浜野武は言う。

これらの島の住民にとって、表面の生活はまだ平和に見え、多くの人々が今週のゴールデンウィークの休暇中にCOVID-19の数が減少している大規模な観光の復帰に集中していました。 しかし、与那国や石垣などの島は、世界で最も強力な2つの国の間の戦場になる危険のある海でボートで短い距離にあるため、将来的に影が落ちます。

「ソロモン諸島は第二次世界大戦の戦場であり、この島の人々はその戦争で死亡しました。 そんなことがもう起こらないことを願っています」

ホンダノリコと

READ  ★今日の[서프라이즈 결산]速報(11月10日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close