エンターテインメント

中国と日本、交流行事で恐竜、ドラえもんの愛を分かち合う





2022年7月30日、北京日本大使館でシン・リダ(Xing Lida)中国地質大学副教授と恐竜に関する日中交流行事に参加した子供たちが団体写真を撮っている。 (刑務所)

北京(刑務所) – 最近、北京日本大使館で開催された交流イベントで、約150人の中国の子供、両親、およびその他の人々が恐竜への愛を共有しました。 キャラクター。

参加者が映画「Nobita’s Dinosaur 2006」を見た後、北京中国地球科学大学の副教授であるXing Lida(39歳)は、この漫画を見て、自分が発見した新しい種の恐竜足跡化石の名前をつけたと説明しました。 中枢的な人物以来、中国で。

2020年7月、中国南西部の四川省で発見された化石の名前は「Eubrontes nobitai」です。 白亜紀の新たな肉食恐竜と関連があることが知られている。

シンは去る7月末開かれたイベントで「幼い頃にドラえもん、ジュラ紀公園のような作品の影響を受けた」と恐竜が多く出てくる1993年アメリカ映画に言及した。 彼は「私は日本のアニメ映画に敬意を表するために足跡(のび太の名にちなんで)と命名した」と話した。

Xingは、子供たちが提起した恐竜に関する質問に答えて、研究者の過去の発見はまだ古生物学のすべての謎を解決していないと述べ、若い世代がこれを解明するのに役立つことを願っていると述べました。

Xingの友人である古生物学者であり、東京にある日本国立科学博物館の副院長である誠真鍋は、オンラインでイベントに参加し、新しい種の肉食恐竜が徘徊したとき、現在の中国と日本が隣接していたと述べました。 地域。

「恐竜は当時四川省から日本に移って行っただろう」と彼は言った。

真鍋は2019年、東京博物館の恐竜展示会を多くの中国人が訪れたことに注目し、「恐竜愛には国境がない。中国と日本の子供たちがその共通の感情を通じて互いにコミュニケーションできることを願う」と話した。

22世紀から現在まで不器用な小学生のび太を助けるために旅行する愛される青いロボット猫ドラえもんは、1969年に漫画形式で初めて登場し、映画やビデオゲーム、アニメシリーズとして噴射されました。

2006年公開された映画『のび太の恐竜』は、1980年に公開した同名の映画をリメイクした作品で、のび太がタイムマシンなどを利用してエラスモサウルスを1億年前現在の日本に戻そうとする冒険談だ。 恐竜ハンターに追われても。

READ  Indrajith Sukumaranが日本で財界大物Mukesh Ambaniに会ったときマラヤーラム語映画ニュース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close