経済

中国と日本の経済協力を強化する必要があります。

日本の東京銀座地域で伝統的な着物を着た女性が道を渡っている。 写真:AFP

アジアの2つの経済大国が、Dan Oudaoなどの問題をめぐって紛争を繰り広げているが、日本の管理者は中国と日本の間の経済協力とビジネス交流を強化しなければならないと述べた。

岸田文雄日本首相は20日、北京と東京で映像リンクを通じて開かれた第7回日中最高経営者(CEO)兼前高位級懇談会で事前録音された演説で「中国と建設的で安定的な関係を構築するを希望する」と話した。 。

岸田はコロナ19ファンデミックが長期化しても、ビジネス部門で中国と日本の交流を断つことはできないと述べた。

「日本と中国がどのように協力するかを深く探索する必要がある時です。 [the efforts]「と福田康夫元日本首相がイベント開幕式で映像を通じて語った。

福田は「​​今、日本と米国の経済活動は中国と分離できず、中国の経済繁栄は日本、米国その他アジア諸国と分離できない。したがって、我々は調整と協力を優先すべきだ」と話した。 2022年の北京冬季オリンピックと冬季パラリンピックの成功をお祈りします。

来年は日中国交正常化50周年となる年で、両国貿易規模が20億ドル未満から3千億ドル以上に急増しました。

「中国と日本の高度に補完的な経済は、両国の利害関係が絡み合っていることを意味します。可能性があります。」 魏平元元中国副首相兼中国国際経済交流センター会長はイベントでこう語った。 魏は両国が協力を拡大しなければならないと提案した。

中国は、日本が中国の領有権と海洋権益を尊重し、デオウィダオ問題やその他の問題を複雑にすることができる行動を控えるよう促した。 中国側は去る10月岸田文夫首相が就任して以来初めて映像リンクを通じて13日、中国と日本間の海上高位級会談を開催した。

中国と日本は長年にわたり産業チェーンで緊密な関係を築き、長期的に安定した協力がグローバル政治環境の変化による短期的な影響に大きく影響されないと、センターセンター長Bao Jianyunは語った。 中国人民大学の国際政治経済学研究(International Political Economy Studies)が火曜日、グローバルタイムズに語った。 Baoは、長期的には、量子協力が日中関係の主流方向になると述べた。

バオは日本の一部の極端な政治勢力が彼らの不適切な行動と中国との協力拒否が日本の利益と国家の未来発展を損なうことに気づかなければならないと指摘しました。

彼は、中国が米国よりも大きな市場潜在力を持つ日本製品や産業に広範な市場を提供できると指摘した。

世界最大の自由貿易協定(FTA)が発効すれば、両国間の貿易協力が強化される可能性がある。

2022年から域内包括的経済連携協定(RCEP)が発効される。 これは中国、日本、韓国が参加する最初の貿易協定であり、3国も3者FTAを交渉するために苦軍奮闘しています。

日本政府の推定によると、RCEP貿易協定は日本のGDPを2.7%増加させ、570,000の雇用を創出するという。

READ  Covid-19は中国に勝つための日本の8年の努力を膜クリアしました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close